1. フリーランスでできる営業の仕事と獲得できる仕事とは?

フリーランスでできる営業の仕事と獲得できる仕事とは?

 会社に就職している方ですと、会社から仕事を与えてもらえるので特に苦労はしないとは思います。しかしフリーランスの場合ですとそうはいきません。自身で営業活動を行って仕事を獲得していないと食べてはいけませんし、何よりフリーランスになったメリットが全くありません。営業活動を行わないと食べていけないので、どうすれば仕事を得ることができるのかを説明します。またどうすれば効率よく仕事を獲得できるのかを記述していきたいと思います。

仕事を上手く獲得する営業方法

 営業活動そのものは会社に属していた時とあまり変わってきません。要は訪問件数を上げて行けば自然と仕事を獲得することができます。フリーランスの方々は量より質と言って時間をかけて作品を完成させたり、中には1週間かけてやってきましたと自慢げに語る方までいます。

 しかし、企業はそのような方々を求めていません。確かに企業は質を求めますが時間は求めていません。そのためすぐに作品を完成して尚且つ質も伴っていれば企業は喜んで仕事を皆様に与えていただけます。そのためにも量をこなすために、訪問件数を上げてお客様を獲得しなければなりません。訪問している内に、会社に属していた時の営業活動と同じで次第に顔を覚えてきます。

 中には何回も持ってきてくれるから、試しに仕事を出してみようかなと思っていただけるお客様もいます。そのため、訪問件数を上げることが仕事の獲得につながってくるのです。

効率よく仕事を獲得する方法

 これも仕事を獲得できていないフリーランスの方々に多いことです。例えばA社はBと言う仕事を求めているのにCと言う作品を持って来たりDと言う作品を持ってくることです。それではお客様から仕事をいただくどころか獲得することもできません。そのため、その企業が本当に求めている作品でしたり仕事は何かをよく把握しておく必要があります。一番良いのが柔軟な対応を取れるフリーランスの方々です。Bだけでなく例えばCやDの仕事までできるとなると例えBの仕事が無くなったとしてもCやDの仕事で食べていけます。

 また、企業が求めている物を十分に熟知し、把握していると収入アップにつながります。先のように柔軟な対応が出来ていれば数社からに収入が見込めますし、熟知した上でこのような作品はどうでしょうと言う風に提案していくと同じく収入アップにつながって行きます。皆様も企業が求めている物が何かをよく把握しておくようにしましょう。


 最後に、フリーランスでできる営業の仕事は会社に勤めていた時と同様のケースがあります。しかし、仕事の獲得に関しては柔軟な対応ができるかどうかにかかってきます。もし皆様の中で仕事で悩んでいることがありましたら、まずは上記のことを試してみましょう。もしかしたら悩みを解消できる可能性もあります。

U-NOTEをフォローしておすすめ記事を購読しよう
この記事を報告する