1. 駆け出しのフリーランス営業マンにおくる、新しい仕事を次々に獲得する方法

駆け出しのフリーランス営業マンにおくる、新しい仕事を次々に獲得する方法

 フリーランスの方が仕事を得るために営業をするのではありますが、フリーランスですと個人で仕事をするため、信頼や実績、情報発信量などは持ち合わせていません。そのため、営業をするには難しい部分があります。そこで、フリーランスの方が営業に仕事を取ってくる方法を紹介していきたいと思います。

1. まずは、信頼と実績を作る

 フリーランスですと、相手はあなたのことを何も知らないですし、信頼も無いため、いきなり飛び込んで営業を行うことは難しいでしょう。そのため、まずは少しずつで良いので仕事の実績を作ることを心がけると良いかもしれません。

 どのような仕事をできるかを相手に知ってもらわなければ、次の仕事や評価に繋がりませんので、多少安い仕事や依頼であっても快く引き受けて仕事を始めましょう。少しずつ実績を作らせていただくという謙虚な思いで最初は仕事を引き受けていくべきです。

 また、仕事の際には請け負った依頼だけではなく、細かな要望や相談を聞いてあげると良いでしょう。そうすれば、相手方の信頼を得ることにつながり、仕事をより多く回してもらえると思います。また、勝ち取った信頼は他の企業にも伝わるので、新しい仕事を獲得しやすくなるでしょう。

2. 仕事でも実績をPRしよう

 次に、実績を作り始めることができたら、実績をPRしていく営業方法を試してみましょう。あなたがこれまで行ってきた活動をPRすることができれば、自分自身をより多くの人に伝えられます。

 また、過去に仕事を依頼したことがなくとも、仕事上の噂などで知っているという人も現れる可能性もあります。ですので、今まで行ってきた仕事の実績やノウハウは、PRをするため出来る限りメモなどに残しておくと良いでしょう。もちろん、仕事上の守秘義務はあるので、他社の秘密を漏らすといったことには最新の注意を払っておきましょう。


 フリーランスの方が営業で成功する方法は、実績と信頼、評判を大事にして上手くPRを行っていくことです。営業や請け負った仕事の内容以外でも、相手のことを考えつつ営業活動をしていきましょう。

U-NOTEをフォローしておすすめ記事を購読しよう
この記事を報告する