1. 【幹事の人必見!】会社の歓迎会で新人をリラックスさせてあげるために知っておくべき一言のネタ

【幹事の人必見!】会社の歓迎会で新人をリラックスさせてあげるために知っておくべき一言のネタ

 4月になると、多くの会社には新入社員が入社してくることでしょう。その新人を温かく迎えてあげるために、歓迎会を開催する企業も多いと思います。その際、最も重要になってくるのが「幹事」です。幹事は、会の進行役となって場を盛り上げたり、新人にリラックスしてもらうために言葉をかけてあげたり、何かと気を使わなければなりません。ここでは、新人をリラックスさせてあげるために幹事が一言をかける際のネタについて説明していこうと思います。

上司や先輩社員を使ったジョークを言う

 一言をかける際の基本的なネタは、上司や先輩社員を利用してジョークを言うことです。上司や先輩社員をネタにして一言をかけることで、「楽しい職場ですよ」ということを新人に対してアピールする効果があります。

 ただし、上司や先輩写真をネタにする際は、必ず本人に確認をを取るよういしましょう。しっかり許可を取っておかないと、後々面倒なことに発展してしまいかねませんので、無断で行わないように確認だけはきちんと取りましょう。

新人に対して突っ込みを入れてあげる

 歓迎会では、必ず新人の自己紹介があると思います。その際も幹事の役割はとても重要です。例えば新人が緊張のあまり自己紹介の途中で黙り込んでしまったら、話しやすくするために場を盛り上げるような一言を言ってあげたり、新人の自己紹介があまり面白くなければ、突っ込みを入れてあげるなどフォローしてあげましょう。

 そうすることで、新人に対して「信頼できる人だ」という印象を与えることができます。また、上司や先輩社員の中には「何か一発芸をやれ」と無茶な注文をしてくる人も中にはいますが、そういった際も何かサポートしてあげると良い印象を与えられるでしょう。

 幹事は、入社してきた新人に対して、会社の素晴らしいポイントを伝える大切なポジションです。もし幹事を任された場合は、ここで紹介したポイントを意識して幹事を務めて下さい。

U-NOTEをフォローしておすすめ記事を購読しよう
この記事を報告する