1. 会社全体の成果を高める!キックオフ・ミーティングを開催する目的とは?

会社全体の成果を高める!キックオフ・ミーティングを開催する目的とは?

 キックオフのミーティングは、会社によっては1年に1回の会社もあれば、1/4半期に1回、つまり3か月毎に行う会社など様々です。キックオフミーティングとは会社では必ず行われる行事であり、部署の大切なミーティングです。

 実はキックオフミーティングには明確な目的があります、その部署や会社の人間が一堂に会して行われるのがキックオフミーティングなのですが、ではその目的とは一体何なのでしょうか。

全体で一つのビジョンを共有するため

 キックオフミーティングといえば、色々な上席の挨拶とともに、その期の営業目標と会社として掲げる理念やビジョンが語られるのが通例です。特に大切なのは、「全体が同じビジョンを共有する」という部分です。弊社としてはこのような理念に基づいてこういうビジョンを掲げている、それを達成するためにはこれだけの売上目標を〜という訳です。そのために、わざわざ時間と場所を設けて一堂に会する機会を会社としては提供しているわけです。

 人の認識というものは、同じ1つのものを見ていても違いが生じるものです。それは趣味の範囲であれば色々な捉え方をするべきかもしれませんが、仕事においてはそごが発生しないように認識を皆で合せておく事が肝心であり、とても大事なことです。それを共有するのがキックオフの目的でもあります。

親睦を深めて風通しを良くする狙いもある

 キックオフミーティングは半ば強制的に、全員が参加するイベントです。だからこそメンバーの親睦を深めて、それによって風通しの良い組織を維持し、作っていこうという目的が会社側にはあります。

 お互いに気心が知れれば、自然に情報の共有もスムーズになりますし、お互いに刺激を与えればチームも活性化していきます。そのための下地作りとして、キックオフミーティングは有効だと言えるのです。ビジョンや理念を共有すること、それがキックオフミーティングを行う最も重要な目的なのです。

U-NOTEをフォローしておすすめ記事を購読しよう
この記事を報告する