1. 【時間を無駄にしない】企画を話し合うミーティングを円滑に進める方法

【時間を無駄にしない】企画を話し合うミーティングを円滑に進める方法

 仕事をしていると、新商品のアピール方法や、拡販していくための方法を立てるためにミーティングが開かれることでしょう。

 ミーティングは効率性をツイートした場合、1時間以内には終了すべきですが、話が進まなかったり無言の状態が続いてしまうと長時間かかってしまいます。では、どのようにすればミーティングを円滑に進めていくことができるのでしょうか?

自分がミーティングの進行役の場合

 ミーティングを円滑に進めていくためには、役割が肝心になってきます。企画などを立てる際のミーティングには必ず進行役が必要です。進行役が担うべき仕事は、集まっているメンバーが話しやすい環境を作り出すことです。そうすればミーティングをを円滑に進めていけます。

 また、進行をしていく上で一番やってはいけないことは、出てきた意見を理由もなしに否定をすることです。企画を考えるミーティングをしていると、「これは無理だろう…」と思うような意見が飛んでくることもしばしばあるでしょう。ですが、理由もなしに「これは駄目」と断ってしまうと、相手は納得いかずに不快なままミーティングが進行してしまうため、良い意見が出づらい雰囲気になってしまいます。
 
 そのため進行役は、1人1人の意見を尊重しながらミーティングを進めていかなければなりません。時には意見を肯定したり、理由を付けて否定をしたりしなければいけないため、何かと面倒な役割ですが、その行動次第で良い意見が出るかどうかが変わってくる大切なポジションです。みなさんも進行役になった際は、相手が話しやすい場を提供するということを心がけましょう。

意見を述べるときに気をつけたいこと

 今度はあなたが意見を述べる立場の場合です。ミーティングに参加する際は、何かしら意見を考えていると思いますが、ミーティングに参加する上で、決してすべきでないことは、何も考えずに参加するということです。それでは参加する意味もないため時間を無駄に過ごすだけとなってしまいますので、ミーティングに参加する前に必ず、企画に沿った意見を必ず考えていくようにしましょう。

 このように、企画を立てる際のミーティングを円滑に進めていくためには、様々な工夫があります。特に進行役は話を提供する場を用意しなければいけないため、責任は重大です。企画を立てる以外のミーティングでも使えるので、今後ミーティングを行う際は、ここで紹介したことを意識したミーティングに臨んでみて下さい。

U-NOTEをフォローしておすすめ記事を購読しよう
この記事を報告する