1. まずは基本を!相手を惹き付けるプレゼンスライドの作り方

まずは基本を!相手を惹き付けるプレゼンスライドの作り方

 プレゼンというと話が上手くなければならないというイメージを持つ人が多いと思いますが、スライドにも注力しなければなりません。話すだけであれば、わざわざスライドを作成する必要はありません。スライドを作成する理由は、口では説明しにくい部分を伝えることや視覚的に一瞬で理解させることです。しかし、実際スライド作成に注力している人は少なく感じます。相手を惹き付けるスライドを作るためには、どのようなことを意識すべきなのでしょうか。

1スライド1テーマ

 よく1枚のスライドにいろんな情報を盛り込む人がいます。実際、文字ばかりでは、読み手は理解出来ません。時間制限があるので、多くの情報を入れたいと思うかもしれませんが、逆効果です。さらに1テーマ2枚以上使うのも読み手は飽きてしまいます。1枚のスライドには、1テーマと決めておきましょう。

36pt以上の文字サイズ

 プレゼンは、たった5人に行うというものでもないので、相手のことを考えて大きいサイズのフォントにしておきましょう。遠くから見ても一瞬で何が書いてあるか分かるようにしておくと読み手全員に理解させることが出来ます。36pt以上のサイズだと書ける文字数が限られていますが、スライドに文章を書く必要はないので、問題ありません。

色を3色で統一

 よくカラフルなスライドを見る事があるかと思いますが、色が多すぎると伝わりません。黒を除いても3色程度にしておきましょう。さらに、タイトルは「赤」という風に決めておくと統一感が出てグッと見やすくなります。


 スライド作りは、まずは基本から始めることをオススメします。いきなり自分独自のスライドを作ってしまうとプレゼン自体失敗してしまう可能性が高くなります。以上の点を意識してスライド作成していきましょう。

U-NOTEをフォローしておすすめ記事を購読しよう
この記事を報告する