1. 転職の面接があるのに風邪を引いてしまった時のマナー

転職の面接があるのに風邪を引いてしまった時のマナー

 体をいくら気にしても体調を崩して風邪を引いてしまうことがあります。風邪を引くことが転職の面接の時に重なってしまう事もありますが、その時の対応は非常に重要な事です。そこで転職面接がある時に風邪をひいた時にするべきマナーについて書いていきます。 

面接に行く前にする事

 風邪というのは人から人へと移る事があります。その為に面接に行く前に風邪を引いている事を、面接へ伺う会社へ連絡する事がマナーとなっています。 突然風邪の人が来られても会社としても対処する事が難しいですし、場所を変更するにしても大変です。 状況によっては面接予定日ではなく、数日後であったり、風邪が治ってから面接というように対処してくれる所もあります。 
 
 面接の場合には多くの人がいる場合もあるので、行かなければならない時でも時間をズラしたりして、出来る限り他の人と接触を少なくしてくれる事もあります。しかしそれには準備も必要ですし、風邪の人を他の部屋でずっと待たせるという事も出来ないので、面接会場に行く前に連絡をして、会社側からの判断に任せる必要があります。 これは少なくても当日の朝までなど、時間に余裕を持った連絡が求められます。 

風邪を引いている時の面接に行く為の準備

 面接を受ける際には風邪によって想定される準備をしておく事も重要なマナーの一つです。一番困るものというのは、風邪によって鼻水が出る事です。 出てしまった時にモタモタしていたりすると、相手に迷惑が掛かりますし、そこからカバンの中などから拭くものを出すのは面接としてはふさわしくありません。 
 
 その為に面接前に鼻水が出る事が予想される時には、始まる前に面接官にその旨を言っておいて、ハンカチやティッシュなどを出しておくと良いです。そして咳が出てしまうと想定される時には、ハンカチを使って出そうな時に覆うというようにする必要がありますから、鼻水同様にハンカチを用意しておきます。 手でも良いと感じがちですが、手だと唾が大量に出てしまった時などに、その後の対処が難しくなるので、ハンカチが良いでしょう。 

風邪でも面接を受けなければならない時

 他の日というのが難しい時に、風邪を引いていても行かなければならない時があります。この時には出来る限り面接の前まではマスクをしておき、咳をしても相手に迷惑が掛からないようにするのがマナーとなっています。 しかし面接の時となったらマスクを付けて望むのはマナー違反となるので、外して面接に挑みます。 
 
 面接というのは人物を見る為のものですので、マスクで覆われていると観ることも難しくなりますし、マスクを付けておく事で声も届きにくくなります。これでは面接でもそうですが、人と会う以前の問題となりますので、必ずマスクは外して行います。 そして面接が始まる前に、事前に風邪である事は伝えてあると思いますが、面接官にも風邪を引いている事を伝えて一言謝っておく事も重要です。 
 


 風邪を引く事は誰にもある事ですが、転職面接の際にはマナーに気を付ける事によって相手に不快な思いを与えずに面接を受ける事ができます。

U-NOTEをフォローしておすすめ記事を購読しよう
この記事を報告する