1. ビジネスでの靴の脱ぎ方と履き方のマナー

ビジネスでの靴の脱ぎ方と履き方のマナー

by nakimusi
 ビジネスで個人宅を訪問した時にマナーの良い脱ぎ方、履き方を出来ていますか?普段何も考えずに行っていることですので、いざこういった状況になった時に意外と戸惑ってしまうものです。ビジネスシーンでも靴の脱ぎ方、履き方のマナーが存在しています。きちんとマナーある動作ができるように、知っておく方が良いでしょう。ここでは脱ぎ方、履き方のマナーを説明していきたいと思います。

靴を脱ぐときの正しいマナー

 個人宅を訪問する際に、やはり個人宅というと相手の生活場でありますので、
気を使ってあがらなければいけません。 家の中へ招かれた際に、ほとんどの方が靴の脱ぎ方のビジネスマナーを知らない場合が多く、 見る人によっては非常に嫌な気持ちになる事もあるでしょう。 
 
 まず、靴を脱ぐ時に向く方向は間違っていませんか? 靴を脱ぐ時にやってしまいがちなのが、後ろ向きになって靴を脱いでしまう体勢です。多くの場合が、靴が外を向く様に脱ぐため相手に背を向けてしまうのです。そのわりに脱いだ靴は、あまり綺麗に並ばず再度整え直すなんて二度手間になってしまいがちです。これはビジネスマナーではNGになってしまいます。 適切な脱ぎ方は、相手の方を向いたまま靴を脱いでそのままあがります。 
 
 スリッパを履いてから、靴を外へ向かせ整えるのが正解です。手間がかかる様に感じますが、後ろを向いて靴を綺麗に脱ごうとする方が難しいですし、その後に結局整え直すのでは同じ様に手間がかかります。些細なことですが見ている人は見ていますし、やはり人の家に上がる時はきちんとした作法であがるのがマナーでしょう。 

靴を履く時

 では靴を履く時はどうでしょうか。 靴を履く時は特別な事はありませんので、そのまま靴を履きましょう。 当然ですが、靴に足を入れて地面にトントンとする動作はしないようにしましょう。 靴べらを借りるなり、抵抗があるのであれば携帯用の靴べら等もあるので、 携帯していると良いかもしれません。 靴を履いた後、スリッパがあるのであれば履いた後に整えます。この時に整えるのみで問題ありませんので、ラックに仕舞ったり等はしないようにしましょう。 
 
 
 
 靴を履くときのきちんとしたマナーは知らない人も多かったのではないでしょうか。普段何も考えずに行っている動作ですが、少し気をつけるだけで正しいマナーを身につけられます。

U-NOTEをフォローしておすすめ記事を購読しよう
この記事を報告する