1. 結婚式に参加するときのネクタイの柄のマナー

結婚式に参加するときのネクタイの柄のマナー

by kanonn

結婚式に不相応なネクタイ

 結婚式に不相応なネクタイとしてまずあげられるのは、黒のネクタイです。黒いネクタイは、葬式を連想させ、めでたい席につけるべきではないとされています。柄やポイントがついていても黒いネクタイはNGですので、気を付けましょう。また、同じ理由で紺や茶色など、濃い色のネクタイもあまりマナーとしては勧められません。

マナーとしてしていきたいネクタイ

 結婚式と言えば白いネクタイという発想を持つ人が多いようですが、もちろん白いネクタイをしていくのはマナーとして正しい行為になります。白以外でも、パステルカラーのネクタイですとか、品のあるシルバーやゴールドのネクタイは結婚式に適したネクタイと言えます。柄が入ったものでも最近は許容されており、暗い色でなければ大丈夫と言えます。

 しかし、式典を重んじるような場合ですとか、目上の人の結婚式では、白いネクタイでないとマナー違反と受け取られてしまうこともありますので、白い無地のネクタイが無難といえるのではないでしょうか。



 ここでは、結婚式にしていくネクタイのマナーを紹介しました。華やかな場ですから、気持ちを表すという意味でも、淡い色のネクタイがマナーとして適していますので、参考にしてみてください。

U-NOTEをフォローしておすすめ記事を購読しよう
この記事を報告する