1. 営業における顧客フォローでメールを有効活用する方法

営業における顧客フォローでメールを有効活用する方法


 営業での顧客フォローには様々な方法があります。電話、メール、資料送付などが一般的ですが、この中で一番手っ取り早いのがメールを送る方法です。メールであれば、自動で送ることができますし、相手が面倒くさいと思ってフォローに失敗してしまう可能性も少ないでしょう。では、顧客フォローのメールはどのようなものが理想的なのでしょうか。

定期的に送り続ける

 メールは時間効率が良いので、定期的に送ることはあまり負担にはなりません。重要なのは顧客に忘れられないようにすろことなので、定期的に送っていつでも反応を受けることができるようにしておきましょう。注意しておきたいのは、その数が多くなりすぎないようにするという点と毎回同じ内容を送らないという点です。その2つにさえ気をつけておけば、定期的なメールは顧客に自社の製品やサービスを覚えてもらうための良いツールになるでしょう。

相手が返信できる形式にする

 メールが堅苦しすぎたり、反応しにくい内容だと、定期的に送り続けても最終的には読まれなくなってしまいます。その点も考慮し、質問を歓迎するといったような内容や、逆にこちらから質問するなどの、相手の反応を確かめることができる文面を心がけましょう。メールはただ送るだけでなく、コミュニケーションをするためのツールと考えてください。そうすることによりアフターフォローは充実してくれるはずです。

 以上営業において顧客をフォローするメールはどのように作成すべきかを説明してきました。以上のことに注意し、メールを有効に活用しましょう。

U-NOTEをフォローしておすすめ記事を購読しよう
この記事を報告する