1. 葬儀のときに着る喪服に合わせたハンカチのマナー

葬儀のときに着る喪服に合わせたハンカチのマナー

by Go Imai

葬儀に適さないハンカチ

 葬儀に適さないハンカチとしてまずあげられるのは、色が派手なものです。濃いピンクや青のハンカチは葬儀に不適切ですのでやめましょう。他には、柄の入ったものや、ラメが入ったものは、過度に華美であるため、葬儀の場で用いるハンカチとしてはやめたほうがいいです。

葬儀に持っていくべきハンカチ

 葬儀に持っていくハンカチのマナーとしては、まず、無地であることが挙げられます。また、色としては、薄い色であればどのようなものでも構わないとしている場合もありますが、出来るかぎり白か黒のものを持つようにしましょう。正式には、黒いものが葬儀では最適であるため、買っておくと、急な場でも用意することができるのではないでしょうか。


 ここでは、喪服に合わせた葬式に持つハンカチのマナーを紹介しました。葬式のハンカチは、ムダに派手であるものや色があるものは避け、無地色の薄いもので、できれば黒いハンカチを持つようにしましょう。

U-NOTEをフォローしておすすめ記事を購読しよう
この記事を報告する