1. 営業における顧客フォローで電話を有効的に使う方法

営業における顧客フォローで電話を有効的に使う方法


 営業マンにとってフォローが上手くできるかどうかが、契約を発展させる大きな分かれ道になってきます。フォローといっても様々な種類がありますが、今回は電話を使った上手な顧客フォローの方法を書いていこうと思います。

顧客の好みが電話である可能性もある

 顧客のフォローには実際に訪問する、メールを送る、電話をするなどの様々な方法があります。顧客フォローで電話を使うメリットは、短時間で相手との受け答えができることです。訪問であれば実際に顧客のもとへ足を運ぶ必要がありますし、メールであれば文章を入力する手間があります。

 もしも自社に対して好印象を持っている顧客がいたら、今後どのような連絡手段を使うべきか確認しておきましょう。中でも電話はお互いに時間を短縮できるツールですので、有効に活用しましょう。

 ただし注意したいのが、お互いの表情が見えないということです。話し方が失礼だと上手くいきそうな商談も取り下げになってしまう可能性がありますので、電話越しにも誠意が伝わるように努力しましょう。

資料などを送ったあとのフォロー

 資料などを送り、顧客の反応を確かめたいときにも電話が有効です。ここで意識しておきたいのは、資料を読んだこと前提で話すのではなく、読んでないことを前提に話すべきだということです。そうすることによって、図々しい印象を与える可能性は低くなりますし、読んでなくても説明を聞けば大丈夫だと相手に思わせることができるのです。

 
 ここでは顧客フォローにおける電話の有効的な使い方を紹介しました。訪問、電話、メールを比較した場合、電話は圧倒的に短い時間で顧客との受け答えができるツールです。積極的に活用しましょう。

U-NOTEをフォローしておすすめ記事を購読しよう
この記事を報告する