1. 転職が決まった際の上司への報告の仕方

転職が決まった際の上司への報告の仕方



 転職が決まった後は、職場の同僚や上司にも報告をしなければなりません。相手は自分が転職をすることを知らない訳ですから、当然驚くはずです。また、自分が抜けた文の穴をカバーするために奔走することでしょう。
 そこで、転職が決まったことを上司に報告するにあたり、失礼のない報告の仕方はどのようなものか見ていきます。

報告は可能な限り早いタイミングで

 まずは上司へ報告するタイミングですが、転職が決まった時点でできる限り早く報告しましょう。上司としては当然自分が抜けた部分をカバーしなくてはなりません。自分が転職する前に引き継ぎ等を終わらせておくことが最低限のマナーです。また、言うタイミングが遅くなればなるほど報告しづらくなるので、可能な限り早いタイミングで報告しましょう。

上司と二人で話す時間を設ける

 「転職が決まりました、今までありがとうございました!」転職に関して、このような簡単な言葉では済むはずがありません。上司にはどのような経緯で転職に至ったのか、次はどんな職場で働くのか、今までの感謝の気持ち等、上司に伝えるべきことはたくさんあるはずです。そこで、上司とはしっかりと時間を設けて話し合うようにしましょう。

報告をするなら朝が良い

 上司と話し合いをする際には、事前に「個人的にご相談をしたいことがあります。都合の良い時間があれば頂けないでしょうか」という話をしておく必要があります。このような話を部下にされたら上司もなんのことだろうと気になります。そんな状態では仕事も手つかずになりがちです。朝一で報告をして、その日の仕事もお互い精一杯こなしましょう。



 以上、転職が決まったときはどのように上司に報告すべきか解説してきました。お世話になった上司には、しっかりと感謝の気持ちを表すと同時に、自分が職場を離れた後もスムーズに仕事が回るように準備に務めましょう。

U-NOTEをフォローしておすすめ記事を購読しよう
この記事を報告する