1. 葬式に参加する時の服装のマナーとして気を付けたいスーツの選び方

葬式に参加する時の服装のマナーとして気を付けたいスーツの選び方

by sabamiso

どのような格好が葬式にふさわしいか

 葬式に参加する時は正装で臨むのが、故人に対する敬意であるといわれています。しかし、和服や、本当にかっちりとした正装で行ってしまうと、親族よりも格式が上になってしまいますので、スーツを着るのが一般的です。

葬式に来ていくのに適したスーツ

通夜

 通夜の場合は、急いで駆けつけるという意味合いがあるため、黒いスーツは逆によくないと言われています。黒に近い色の濃い色のスーツを着て行きましょう。また、柄としても、目立たない同色のストライプでしたらマナー違反にはならないそうです。

葬儀

 葬儀では、黒のスーツを着るようにしましょう。このときですが、形はビジネスに用いるようなシングルだけでなく、タブルのスーツでも許されているそうです。このときは何も柄のない、黒一色のスーツを着て行くと良いでしょう。


 ここでは、葬式の時に着る服装の中から、スーツのマナーを紹介しました。式によって着るスーツが異なりますので、注意して参列するようにしましょう。

U-NOTEをフォローしておすすめ記事を購読しよう
この記事を報告する