1. 取引先と良い関係を築く!営業マンが手紙を出すことによって得られる効果

取引先と良い関係を築く!営業マンが手紙を出すことによって得られる効果


 営業マンの人は顧客と良好な関係を築くために、手紙を出したり、顧客が不在の場合には置き手紙を置いていることでしょう。ですが、中には「手紙を出しても無駄ではないか?」と思っている営業マンもいるのではないでしょうか。手紙を出しても返事は来ないし、成果に上手く結びつかないため時間の無駄だと思ってしまいがちです。しかし、手紙には顧客の目を惹き付ける効果があります。ここでは、手紙が顧客に与える効果を説明していこうと思います。

1. 意思表示の代わりになる

 顧客に連絡を入れたり、お礼の手紙を書く程度であればメールで一括送信したり、FAXで流してしまえばすぐに済むことだと思いますが、なぜ手紙で連絡をしたりお礼をしなければならないのでしょうか?その理由は、顧客のことを大切にしているという意思表示を見せられるからです。

 相手にしたくない人や大事に思っていない人であれば、わざわざ手間をかけて手紙を出すことはないため、多くの場合はメールで済ませてしまいます。しかし、手紙であれば手書きで書くため手間がかかっているため、顧客を大事にしているというのが伝わりやすいのです。

2. 良い関係性を築きやすい

 手紙を出す効果として、上記で述べたお客様を大切にしているという意思表示の他にもう1つ効果があります。顧客と良好な関係を築きやすいということが言えるでしょう。社長を相手に営業をする際、メールではなく手紙を効果的に使うことによって、他の企業より良い扱いをされていると思ってもらえます。そのためメールを出すよりも、短い時間で良好な人間関係を築くことができるのです。

U-NOTEをフォローしておすすめ記事を購読しよう
この記事を報告する