1. 歓迎会が終わるときの上手な「締めの挨拶」の仕方

歓迎会が終わるときの上手な「締めの挨拶」の仕方



 新入社員の歓迎会の締めの挨拶と聞いて、どのような言葉を浮かべますか?せっかく職場に新人が入ってくれたのですから、社員全員が今一度気を引き締めてこれからの業務に励んでいきたいものです。では、歓迎会の締めにふさわしい挨拶とはどのようにすれば良いでしょうか。

締めの挨拶のテンプレート

 まずは一般的な挨拶から見ていきましょう。

「宴もたけなわではありますが、これより中締めの音頭をとらせていただきます。新たに仲間に加わった仲間を暖かくお迎えし、当社がますます繁栄するよう祈念して締めの挨拶とさせて頂きます。それでは一本締めで締めたいと思います。お手を拝借。」

「よーっ!!」パンッ!

で一本締めをするのが基本的なスタイルです。もちろん、この挨拶をすることで会自体はしっかりと締まります。

オリジナルのコメントで挨拶をワンランク上に

 上で挙げたテンプレートにオリジナルのコメントを追加して、締めの挨拶をワンランク上のものにしていきます。オリジナルのコメントとして使えるのは以下のようなネタがあります。

・自分が会社に入ってどのように成長できたのか
・今回の新入社員はどのような特徴があるのか
・会社としてはどのような時期なのか

 このようなことをネタとして話しましょう。例えば

「私はこの会社に入り、社会人として大切なことから、仕事のテクニックなど、様々な面で成長できたと感じております。新入社員のみなさんも『この会社に入って良かった』と思える日が必ず来るはずです」

 といったことを話せば、新入社員のモチベーションも上がります。締めの挨拶をする際は、みんなが「よし、頑張ろう!」と思えるような言葉を選びましょう。



 以上が歓迎会での締めの挨拶を上手にする方法です。終わりよければすべてよしという考え方は、歓迎会以外のシーンでも役に立つので、是非覚えておいてください。

U-NOTEをフォローしておすすめ記事を購読しよう
この記事を報告する