1. 仕事で履く靴の選び方、メンテナンスのマナー

仕事で履く靴の選び方、メンテナンスのマナー

by ysishikawa

仕事に適した靴とは

 仕事に適した靴ですが、スーツを着る方だとやはり革靴を選ぶことになるでしょう。革靴の中でも、様々な種類がありますが、基本的には、紐が付いていて、つま先の方に線が1本入っているものが標準的です。先の尖った靴や厚底になっている靴は原則としてマナー違反ですので気をつける必要があります。

 また、色ですが、スーツの色に合わせると良いでしょう。黒に近い色でしたら黒の靴、グレーや淡い色のスーツでしたら茶系の靴を選びましょう。

靴の手入れの仕方

 マナーとして、靴に汚れがついていたりするのを避けるため、靴は念入りに手入れをする必要があります。週に1度は、ブラシで軽く汚れを落とし、クリームや靴墨をつけて綺麗にするようにしましょう。

 また、手入れを楽にするという意味で、人工の革のものや、ゴム底の物を選ぶという手もあります。ただし、安っぽく見える用な素材のものはやめておきましょう。



 ここでは、仕事で履く靴の選び方、メンテナンスのマナーを紹介しました。マナーに沿った靴を選び、しっかり手入れをすることで、仕事をする上で恥ずかしくない身だしなみを目指しましょう。

U-NOTEをフォローしておすすめ記事を購読しよう
この記事を報告する