1. 転職の面接で気を付けたい身だしなみのマナー

転職の面接で気を付けたい身だしなみのマナー

マナー違反とならないために覚えておきたいこと

 面接でマナー違反とならない服装をするためには、ある1つの事を覚えておくとよいでしょう。それは、社会人として標準の格好をするということです。これさえ押さえておけば、マナーとして大きく外すことはないかと思われます。

具体的に身だしなみとして気をつけること

服装

 スーツで臨むことが大半だと思われますが、まず、シワや汚れなどの無いものを身につけることが大切です。また、ワイシャツも、ストライプや柄がはいったものではなく、白い無地のワイシャツがいいでしょう。

髪型

 髪型ですが、なるべく短髪の方が良いです。明るすぎる色や、不自然な髪型はよくありません。整髪料を付けるときも、限度をわきまえて使うようにしましょう。

その他細かい部分

 服装や髪型などの大まかなところはだいたいの人が押さえられているマナーですが、それよりも面接官は細かなポイントを評価の対象とするようです。爪は短く切りそろえられているか、靴は磨かれたもので汚れはないかどうかなど、細心の注意を払って身だしなみを整えましょう。


 転職では、普段の会社内での自分のやり方は通用しません。もう一度基本に立ち帰って、ビジネスマンとしての基本的な身だしなみのマナーを完璧にしていきましょう。

U-NOTEをフォローしておすすめ記事を購読しよう
この記事を報告する