1. 相手の目に止まる!営業マンが手紙を手書きを書く事で得られるメリット

相手の目に止まる!営業マンが手紙を手書きを書く事で得られるメリット


 パソコンがビジネスシーンでも普及し、色々な作業がパソコン1つあれば出来るようになりました。その影響もあり、ダイレクトメールや案内状、手紙などもほとんどが印刷されたもので、仕事でも手書きの手紙などはあまり見なくなってきました。しかし、あえて手書きで手紙を出す事によって相手に与える印象も変わってくるのです

手書きのメリット

 パソコンで書いて印刷された手紙というのは文字が揃っているため、見た目は良いでしょう。しかし、文字の大きさなども一定であるが故に、人間味が失われてしまうのです。印刷されたものが多くなってきた中で、手書きの手紙というのは相手の目に止まる可能性が高いと言えます。

 印刷物には出せないムラなどが手書きにはあるのですが、それが新鮮味を増してくれる為、営業の成功率にも影響が出てきます。手書きの手紙で全てを行うというわけではないですが、印刷物の資料と共に一緒に添えておくだけでも良いでしょう。

手書きでも上手に手紙を書く方法

 真っすぐ字を書くということは、見栄えをよくする為には大切な事です。縦書きでも横書きでも線がない場合には、自分で薄ら鉛筆で線を書いて、そこにハマるように書くと綺麗に見えます。この時に文字の間隔も等分にする事によって、より上手く見せられるのです。更には漢字や平仮名などは、止める所はしっかりと止めて、はらう所はしっかりとはらうように、メリハリを付ける事で映える字になります。

 どんな字にも書き順があります。上手く書けない字は、書き順を調べ、綺麗に書ける努力をするべきでしょう。そして出来る限り大きめに書く事で、字の下手さをカバーする事が出来る事もありますが、状況によって違いを出す事によって相手に与える印象なども変える事ができます。

U-NOTEをフォローしておすすめ記事を購読しよう
この記事を報告する