1. 会社の歓迎会の幹事が「気の利いた一言」を言うためのコツ

会社の歓迎会の幹事が「気の利いた一言」を言うためのコツ



 職場に新人が入社する場合、歓迎会を開いて新入社員を受け入れます。このとき、歓迎会をプロデュースする幹事の役割は非常に重要となります。また、歓迎会が始まる際に幹事からのコメントがありますが、この一言でスベってしまうとせっかくの会が台無しとなります。
 そこで、歓迎会の幹事が「気の利いた一言」を言うのは、どのようなコツがあるのかを見ていきます。

挨拶のテンプレートを把握する

 歓迎の挨拶には以下のようなテンプレートが挙げられます。

「それでは時間になりましたので始めます。今年度は、新入社員として○○さん、××さんが入社されました。まだまだ緊張が取れないと思いますので、皆さんお手柔らかにお願い致します。それでは次に、部長の□□さんから一言いただきたいと思いますので、よろしくお願いします。」

 このようなコメントをしておけば、まず大きな間違いはありません。しかし、何とも味気ないので、より気の利いたコメントをするのはどうすれば良いのでしょうか。

事前に新入社員の情報を聞いておく

 新入社員と職場の人たちは、互いの情報を知りません。そこで「実は○○さんは〜〜出身で、趣味は△△のようです。」というように、社員に対して情報を与えてあげましょう。すると、同じ出身地や共通の趣味を持った社員が話しかけやすくなります。このような気遣いができれば、新入社員からも職場の人間からも良い評価を得られるでしょう。

自分の体験談を簡単に話す

 会社に入ったばかりの新人は緊張しています。そこで、幹事が自分が新人だったころのエピソードを話してみましょう。「私が新入社員だった時は、緊張してお酒を飲んでいたらいつの間にか記憶を無くしてしまって…。」というような笑い話をすれば、新人の緊張も和らぐはずです。


 いかがでしたか?ここでは歓迎会の幹事が「気の利いた一言」を言うためにはどのようなことを話せば良いのか解説してきました。これからの季節、多いに役に立つと思うので、みなさん是非ご活用ください。


U-NOTEをフォローしておすすめ記事を購読しよう
この記事を報告する