1. 「大変だから仕事を辞めたい…」と考えているIT企業の営業マンが知っておくべきこと

「大変だから仕事を辞めたい…」と考えているIT企業の営業マンが知っておくべきこと


 IT企業で営業マンをされている方でしたら必ず経験されたことがあることがございます。それが、会社が大変だから仕事を辞めたいと言う事です。何度も訪問して商品を提案しても、故障もしていないしまだ使用できるから交換は検討していないと断られたりすることが多々ございますので心がめげてしまいます。しかし、大変だからと言う理由で仕事を退職してしまうと後々面倒なことになってしまいます。ではどのようなことが面倒となってしまうのでしょうか。

営業のみの経験では営業職にしか転職できない 

 たとえIT企業に勤めていましたと言っても、根本は他の営業マンと大差はございません。そのため営業マンとして仕事されてきたのであればその後の転職先はほぼ営業職になってしまいます。営業が嫌だから他の職種に就きたいと思う方々も中にはいらっしゃいます。そこで総務や経理を転職先に選択しようにも、そこの職種はどちらかと申し上げますと経験者を優遇したりある程度の資格保有者に限られてしまいます。何ヶ月も他の職種を探しても、結局たどり着くのが営業職となってしまいますので、大変と言う理由だけで退職をしたとしても末路は変わらないでしょう。
 
 また、転職しようと思うのは個人の自由ですが貴方が所有しているスキルや経験によって給料が変わらない、もしくは下がる場合もございます。まずは退職をしようと考えるのではなく、自身が今どのような状況に立っているのかをよく考えるようにしましょう。

転職先によっては給料が下がる場合がある 

 先に少しご説明をしてしまいましたが、転職先によっては全く給料が変わらなかったり給料が下がる場合があります。転職しようとしているのだから給料は上がるはずだと思いましたが、少々厳しいことを申し上げますが企業はそこまで甘くはありません。要は使えるか使えないかで企業は採用するのです。皆様が採用担当者であれば、取得が厳しいと言われている資格を保有していたり業界に名の知れた方であればどんなに高い給料を支払ってでも欲しいと思います。しかし他の転職者と変わらないような人でしたり、資格を確かに保有していてもこの業界では約にも立たないようなものを所有していたら、もちろん採用しないか給料は低いでしょう。
 
 しかし、考え方次第では良い方向に転ぶ場合があります。例えば今の仕事の残業時間が月80時間で給料が手取りで30万円、で転職しようとしている所は残業時間が月20時間で給料が手取りで22万円だとします。給料が確かに下がってしまいますが、長く勤めるのであれば後者の方が良いと思ってしまいます。そのため選択のしかた次第で今より待遇の良い会社にもめぐり合えますので覚えておくと良いでしょう。


 
 最後に、IT企業が大変だからと仕事を辞めたいと思っている方は一度考え直すようにしましょう。もしかしたら自身が変われば改善することもございますし、回りと相談すれば変わる場合もございます。そのため早合点せずにまずは一度、じっくりと考えてみましょう。

U-NOTEをフォローしておすすめ記事を購読しよう
この記事を報告する