1. ビジネスの会食を行う際に食事を待つ時にする会話のマナー

ビジネスの会食を行う際に食事を待つ時にする会話のマナー

by 55Laney69
 会社員であれば年に数回は必ず、ビジネスのための会食や食事が開催されることがあります。本社や事業所をまとめて行う親睦会や違う分野の方々と出会う懇親会等、様々な会食や食事をする機会がございます。料理が来る前には必ず、少しの間があります。 

 他の方と違うと思わせるには食事が来る前の段階から始まっています。そこでビジネスの会食や食事を待つ時の会話のマナーについて記述致します。

ビジネスの話ではなく世間話をしてみる

 名刺を配っていきなりビジネスの話をするのはマナー違反です。多くの方々がこの人と話しては退屈、もしくは話す価値が無いと思ってしまいます。仕事の話をするのも良いとは思いますが、会食の場合は半分仕事で半分プライベートのように思ったほうが良いでしょう。 

 そのため、話していても退屈しないと思う方々はその辺を理解しているので、初めからビジネスの話をせずに世間話から入るようにします。

 また、上手な方々は話題が豊富なため話していても退屈しません。狭く深くではなく広く浅く知識を持っているため殆どの話しには付いていけますし、詳しく聞きたい場合は相手に話させるようにしています。相手に気持ちよく話させるのも1つのマナーですので覚えておくと良いでしょう。

自分よがりの話は決してしない

 自分よがりの話をしてしまうのもマナー違反です。例えば相手は興味が無いにも拘らず、10分以上も自分の話をされてしまっては聞いている方はたまったものではございません。 

 上手な方々は広く浅く知識を持っています。そのため分からない事があれば相手に聞くようにしていますので、相手もこの人はこのことについて聴きたいなと思って気持ちよく話せるように仕向けます。そうすると両者がどちらも気持ちよく会話が出来るような仕組みを組み立てます。

 また、上手な人はこちらからしつこく話をふったりしません。必死になってビジネスの話しをせずに、相手から求める部分を世間話の時に聞き出せればこのような商品がございますよとさり気なく話すようにしています。初めはこのように持っていくのが難しいと思いますが、まずは試しに行ってみましょう。 
 


 マナーとしては上記のことを行っていれば問題ないでしょう。一番守っていただければよいと思うのが相手が興味も示していないにも拘らず、一方的に話すような真似だけはしないように心がけましょう。

U-NOTEをフォローしておすすめ記事を購読しよう
この記事を報告する