1. 飲み会の出欠の返事をするときに覚えておきたいこと

飲み会の出欠の返事をするときに覚えておきたいこと

  • 11747views
  • 0fav


 職場の人たちと親睦を深めるために、飲み会というのは大きな役割を果たすことがあります。職場では大抵の場合、一番部下が幹事となり出欠をとる場合が多く、その部下が出欠の希望を取りお店等を決めます。

 誰もが一度はやったことがあるであろう幹事ですが、一番大変なのは出欠を取る時です。なかなか人数が確定せずにイライラしてしまうこともあったでしょう。同じ職場の人たちに同じような苦労を掛けさせないために、出欠の返事をするときに心がけたいことを2つ紹介します。

返事は迅速に

 当たり前のことですが最も困る原因となりがちなのが返事が遅い場合です。〆切を過ぎてもなかなか返事をしてくれない人もいるので、そういう人に対してリマインドをしたりするのが意外と手間になります。

 業務が優先ですから、なかなかスケジュールが決まらないと業務にも支障が出かねません。ですので、招待をもらったらすぐに予定を確認し、返事をするようにして下さい。

 予定が未定の場合は、〇〇までに返事しますという風に具体的な期限を提示することも重要です。

一言添えてあげる

 殆どの場合がメールによる出欠かと思いますが、その際に「幹事どうもありがとう。」「楽しみにしてます!」などといった風に一言添えてあげることも気遣いという点で大切です。

 無機質な返事よりも心のこもった文章の方が嬉しいに決まってますから、相手の労を労うつもりで返信をしてあげるようにしましょう。

U-NOTEをフォローしておすすめ記事を購読しよう
この記事を報告する