1. 売上ノルマを達成するためにIT企業の営業マンが心がけておくべきこと

売上ノルマを達成するためにIT企業の営業マンが心がけておくべきこと


 営業マンには売上に対してノルマがあるでしょうが、IT企業の営業マンは、商品が壊れにくかったりするため、断られれてしまう確率が高いです。そのため、ノルマの達成が難しい部分があります。ここでは、IT企業の営業マンが自身に課せられたノルマを達成できるようになる方法を紹介していこうと思います。

IT関連のツールを所有してお客様を訪問する

 IT企業の営業マンで非常に惜しいと思うのは、ツールを活用せずに営業をしている人達です。例えば自社で展開しているクラウドシステムやタブレット端末などwを持ち歩いてみましょう。そうすれば、訪問先で自社の商品の魅力を十分に伝えることができます。
 
 また、経理向けのソフトも取り扱っている場合は、担当者だけでなく経理の人にも紹介することができます。決裁権を持っているのは何も担当者や社長だけではありません。お金を扱っている経理の人達も含まれている可能性があるということを頭に入れておくと良いでしょう。

訪問件数を今の倍にする

 IT企業の営業マンも成果を残すためには、次へ次へと顧客を訪問していかなければなりません。よく売れないでいたり、ノルマが達成できないと嘆いている人の多くは、訪問件数の低さが理由となっています。それはノルマを達成できない理由でなく、単なる言い訳でしかありません。もし、結果を残せていない、ノルマが達成できていないのであれば、訪問件数を今の倍にするぐらいの覚悟を持って営業活動をするべきでしょう。
 
 また、自分の部下が結果を残せていないという場合も同じように訪問件数を確認してあげると良いでしょう。ノルマを達成できないのは、商品の説明能力が乏しさも理由の一つですが、原因の8割は訪問件数ですので、必ず訪問件数は確認してみるようにしましょう。
 
 IT企業の営業マンだからといって、基本は他の営業マンと比べて変わっている部分はありません。ノルマを達成するためには、とにかく一生懸命頑張り続けることも大事ですが、日々の活動にちょっとした工夫を取り入れるだけでも結果は変わってきます。ノルマ未達成が続いている営業マンは、ここで紹介した方法を取り入れて営業活動をしてみると良いかもしれません。

U-NOTEをフォローしておすすめ記事を購読しよう
この記事を報告する