1. 覚えておくと便利!プレゼン資料を作成する際に意識したい色が与える効果

覚えておくと便利!プレゼン資料を作成する際に意識したい色が与える効果


 みなさんの中にはプレゼンのスライドや皆様に配布する資料に、色を加えたり字の色を変更したりと様々な工夫をされていると思います。しかし、多くの方々が間違った色の使い方や反対に色によって見辛い資料を作成してしまったりしています。色の効果を熟知していればお客様に与える印象が変わったり、中にはお客様に購入意欲を高めるような効果も期待できます。ではどのようにすればプレゼンにおける色の効果が発揮されるのでしょうか。今回、そのことについて記述致します。

場面に合わせた色の使い分け方

 資料の中には商品の説明文から、ここはお客様にどうしても伝えたいと言った部分が必ずあると思います。そのような場合によく利用できる手段が、説明文には落ち着いた色を、ここはどうしても伝えたい場合は明るい色を配色することです。例えば、説明文の重要な点には青色や水色を利用してみましょう。すると重要と言う部分がはっきり分かるだけでなく、落ち着いた色を配色させることによりお客様も落ち着いた気持ちで重要項目を確認できます。また、商品の肝心の部分をどうしても伝えたいと言う時に、例えば赤色や明るめの赤を使用してみましょう。
 
 すると、お客様もここはこの人の最も伝えたい部分なのだなと理解していただけますし、いちいち考える手間もかかることもございませんのでお客様もすぐに頭の中に入ってきます。そのため使い分ければメリハリのあるプレゼンになりますので活用してみましょう。

蛍光色の使い分け

 プレゼン資料で使いたいがどこで使用するか迷うのが蛍光色です。蛍光色は先に述べた赤色のように確かに目立つ色ではございますが、使いすぎると目が疲れてしまいますし、また会場やプロジェクタの機器の性能によっては文字が潰れてしまう恐れが出てきます。そのため使おうにもなかなか手が出せない色でもあります。そこで、もし蛍光色を使用するのであれば文字の枠色を線がはっきりと見える色を使用してみましょう。例えば枠色を黒にして字の色を蛍光色にしてみると、枠がはっきりとしているので例え潰れてしまっても確認できますし、何より赤色より目立ちますのでお客様に与えるインパクトは強くなるでしょう。
 
 このように有効活用できるのであればどんどん使用していきたい色でもあります。ただし、あまりにも蛍光色が多いと先にも述べたように目が疲れてしまったり、お客様が疲れてしまう恐れが出てきます。そのためよく考えて利用するようにしましょう。


 
 最後に、プレゼンにおける色の効果は配色によって大きく異なる効果を発揮いたします。そのためプレゼンのスライドや資料にも使用していきたい所ですが、使用しすぎてしまうと見難い資料になったり、何を伝えたいのかが理解できなくなります。そのため利用する際には自身が伝えたいことと合っているか、または自身のスライドに合っているかをよく考慮して使用してみるようにしましょう。

U-NOTEをフォローしておすすめ記事を購読しよう
この記事を報告する