1. 相手の印象を悪くしない!飲み会の断り方として覚えておきたい口実

相手の印象を悪くしない!飲み会の断り方として覚えておきたい口実

  • 1743views
  • 0fav

 仕事をしているとどうしても行かなければいけない飲み会も数多くあると思います。どうしても行きたくない時には、仕方なく嘘をついて回避することもありますよね。

 飲み会を回避する為の口実は、それぞれの中でいくつかパターンがあると思いますが、その口実に共通することとは一体何でしょうか。これを知ることで、口実の幅がもっと広がるかもしれませんのでぜひ覚えておくようにして下さい。

優先事項を提示する

 最も効き目があることは「優先させるべき事がある」というのを提示することです。例えば「明日の朝早くに地元から友人が来るので..」や「医者に行かなくてはいけないので...」など、飲み会よりも優先すべきことを提示します。

 相手に「それは仕方ないね」と思わせることができたら勝利です。そう思わせるための鋭い口実を準備しておきましょう。

正直に言ってしまう

 遠回しに言ったところで「どうせ嘘だろ」と疑われてしまい信用を落としかねないと考える人は、正直に行きたくない旨を伝えることも大切です。ここで気をつけなくてはいけないのが、いくら正直にと言っても「今日来る人達と飲んでも楽しくないから」というような、他人を傷つけるような理由を正直に言うのは避けなければいけないということです。

 「今日は帰ります!」ときっぱりと伝えたほうが、相手もかえって誘いづらくなるので効果的とも言えます。

 どちらにせよ、共通して覚えておきたいのが「申し訳無さそうに、残念そうに伝える」ということです。付き合いの悪いやつだと思われないための最低限の振る舞いとして、次回に期待するような空気を漂わすことも大切です。ぜひ参考にして下さい。

U-NOTEをフォローしておすすめ記事を購読しよう
この記事を報告する