1. クールビズだからしなくてもよい?夏のネクタイのマナー

クールビズだからしなくてもよい?夏のネクタイのマナー

by michaelnpatterson

夏はネクタイをしなくてもよい?

 クールビズを慣行している企業が増え、夏は企業によってはノーネクタイでも良いため、ネクタイをしていないビジネスマンも増えています。しかし、ネクタイをしていないとマナーとして反するという理由で、ネクタイをしている人も多くいます。やはり、フォーマルな場ですとか、会議や改まった場所では今でもネクタイを締めるのがマナーと言えそうです。

夏にネクタイをするときのマナー

 夏のネクタイですが、やはり暑苦しく見えてしまう恐れがあるでしょう。最近では、冷感素材でできているネクタイもありますので、積極的に利用してみてはいかがでしょうか。また、首元の汗ジミはみっともなく、身だしなみとしてもマナー違反ですので、クールビズであれば、ネクタイは直前に締めるような習慣にすると、身だしなみとして正しく装着することが出来るでしょう。


 ここでは、夏のネクタイのマナーを紹介しました。夏場でもネクタイをするという人は、汗ジミに気をつける必要があります。素材や付けるタイミングに工夫して、マナーを守るようにしましょう。

U-NOTEをフォローしておすすめ記事を購読しよう
この記事を報告する