1. 営業マンがキャリアアップのために持っておくと良いIT系の資格

営業マンがキャリアアップのために持っておくと良いIT系の資格


 営業マンの中には複数の資格をお持ちになっている方がいらっしゃると思います。簿記の資格でしたり中には漢字検定を1級を所有している方までいらっしゃいます。その中でも営業マンが取得していると何かと便利なIT系の資格がございます。所有していればお客様にも信頼されますし、何より自身のスキルアップにも繋がります。ではどのようなIT系の資格を所有していると便利になるのでしょうか。今回そのことについて記述していきたいと思います。

営業活動に便利なITパスポート 

 皆様はITパスポートと言う試験をご存知でしょうか。この資格は他の資格と異なり試験期間は一定の期間ではなく1年間に何回も受験できる変わった資格です。また出題される範囲についてもITと名前はついていますが、どちらかと申し上げますとこのシステムを入れた場合にはお客様にどのような恩恵があるのか、そしてこの問題は営業の立場でしたらどのように対処すればよいのかと言ったマネジメント系の問題が多々出てきます。そのためこの資格を取得しておくと営業活動の際に、お客様がこのような問題を抱えていると言った時にこのように対処すればよいと言う風に頭の中ですぐ浮かんできます。
 
 また、資格を保有していることを名刺に記述することにより、この人であればIT関連の機材を任せても問題ないと言った信用にも繋がってきます。ただし、欠点としてあまり熟知されていないお客様が多いため必ずと言って良いほどこちらから説明をしないと分かっていただけません。

マイクロソフトオフィススペシャリストの資格保有

 このマイクロソフトオフィススペシャリストと言う資格も聴きなれたことの無いような資格だと思います。この資格は端的に述べますとオフィスソフトに含まれているソフトを使いこなせますよと言う資格です。資格を取得する際の問題でも、この場合にはどのようにすれば良いのかと言う問題が、各オフィスソフトに分かれて出題されます。ではなぜ取得しておくと便利なのか。理由として営業マンはオフィスソフトを使用する機会が非常に多いためです。例えば資料を作成する際にはパワーポイントを利用したり、その資料にグラフを載せるのであればエクセルで立ち上げなければなりません。また文章を記述してお客様に提出する場合にもワードを多用します。
 
 そのため、資料作成やお客様向けの手紙等で時間を取られないように、短縮して作業を行うことができます。また転職の際にも私はこれだけ使いこなせというような目印にもなります。ただし、これも同じくご理解されている方々が少ないため、こちらからの説明が必要となってきますので注意しましょう。

 
 最後に、営業マンが持っていると何かと便利な資格として上記の事が上げられます。特にITパスポートについては国家資格として登録してありますので名刺に記載することによって私は他の営業マンと違うと言うことをアピールすることが出来ます。そのためにも日々、仕事が忙しいとは思いますが今後の自分のためにもある程度の資格を所有しておくと良いでしょう。

U-NOTEをフォローしておすすめ記事を購読しよう
この記事を報告する