1. 取引先へ上司と同行する時に、部下が気を付けるべき歩き方

取引先へ上司と同行する時に、部下が気を付けるべき歩き方

  • 7618views
  • 0fav

 取引先との交渉やその他の用事などで、上司と外出することがよくあると思います。その際に、ただなんとなく一緒に歩いて行くということは、社会人としてよくありません。

 社会人たるもの、どんな時でも上司を立てるような礼儀を守らなければいけません。上司を一緒に外出するときには、どんな歩き方をすれば良いのでしょうか。

基本的に、上司のやや後ろを歩く

 外出するときに歩く時、その位置を意識しなければいけません。横並びで歩くということをやりがちですが、それはマナーとしてはふさわしくありません。上司に同行する際は、上司のやや後方を歩くようにしましょう。

 途中で話しかけられることもあるかもしれませんが、そのような時は臨機応変に横に並んだりすることは大切です。けれど、基本的にやや後方を歩くということを意識しておいてください。

前を歩いちゃいけない?

 街中を歩く時は基本的に後方を歩くことがふさわしいですが、例えばタクシーを止める時、エレベーターのボタンを押すときなどはどうすればよいのでしょうか。

 もちろん、上司にタクシーを止めされることは失礼ですしエレベーターのボタンも自分が積極的に押さなければいけません。後方を歩くことがマナーとはいえ、そうすべきでない場面もたくさんあるのですから、そこは機転を利かせて自分が取るべき行動をしっかりと取るようにしましょう。

 些細な事ですが、傍から見ているとこういうものは露骨に分かるものです。礼儀正しい行動を取り、失礼のない行動をとりましょう。

U-NOTEをフォローしておすすめ記事を購読しよう
この記事を報告する