1. 退職を控えた上司への対応法

退職を控えた上司への対応法

  • 2341views
  • 0fav

 退職を控えた人に対しては、慎重に接していかなければいけません。退職理由にもよりますが、その理由によってはあまり歯に衣着せぬ言い方をしてしまっては相手を傷付けてしまうこともあります。

 特に、上司に対しては最新の注意を払う必要があります。退職を控えた上司に対しては、どのような接し方をすれば良いのでしょうか。

態度をあからさまに変えないこと

 退職を間近に控えている人は、そのときを常に意識するようになるので、周りの反応にも人一倍敏感になっています。ですので、あまりあからさまに態度を変えることはその人が最後まで気持ちよく仕事をするためにはあまり良いことを言えません。

 同じ職場の後輩が急によそよそしくなるのは、上司にとっては悲しいものです。最後までその職場で気持よく仕事をしてもらうためにも、今まで通りの態度で接しましょう。

全力で働くこと

 上司にとって、部下とか自分が手塩にかけて育てた可愛い存在であることが多いです。いままでお世話になった上司への餞のつもりで、今までよりも頑張って働くように心がけましょう。

 上司にとって一番うれしいことは、自分の部下がイキイキと活躍していることです。労を労うために最後くらいは楽をさせてあげようというのではなく、最後まで円力で働いて成長した自分たちを見せてあげようというような気持ちで働くことが大切かもしれません。

 最後まで気持ちよく上司に働いてもらえるために、自分としてできることを精一杯取り組んでいくようにしましょう。

U-NOTEをフォローしておすすめ記事を購読しよう
この記事を報告する