1. 1分でわかる「御中・様」の使い分け方!「行→御中・様」書き換える方法を画像で解説

1分でわかる「御中・様」の使い分け方!「行→御中・様」書き換える方法を画像で解説

1分でわかる「御中・様」の使い分け方!「行→御中・様」書き換える方法を画像で解説 1番目の画像

 ビジネスシーンで郵便物を出すとき、宛名に用いる「御中」「様」。

 今回は郵便物の宛名マナーとして知っておきたい「御中」と「様」の意味の違い、使い分け方、「行」の消し方などを解説したい。

 「御中ってどう使うの?」「様はどこにつける?」「行を御中・様に書き換える方法は?」などの疑問を解決するためにも、郵便物の宛名のマナーを確認していこう。

「御中」と「様」の違いとは?

1分でわかる「御中・様」の使い分け方!「行→御中・様」書き換える方法を画像で解説 2番目の画像

 郵便物やビジネスメールの宛名マナーとして覚えておきたいのが「敬称」

 敬称は、人名や官職名につけることで、相手に対して敬意や尊敬の念を示す言葉のこと。「御中」「様」も、相手に敬意を示す敬称の一つである。

 「御中」と「様」の使い分け方を簡潔に説明すると以下の通りだ。

「御中」と「様」の違い

  • 「御中」:会社・組織・団体など、グループを対象に使う敬称
  • 「様」:個人を対象に使う敬称。個人宛にメール・文書を出す場合につける

「御中、様、各位」などの敬称を使うときの注意点

 敬称である「御中、様、各位」を宛名に使う際には、二重敬語に注意しよう。

 「各位様」「御中様」「各位 御中」など、敬称の併用は日本語として誤りである。

 メール・文書に宛名を書き記す際には、「御中、様、各位」の敬称を併用しないようにくれぐれも気をつけてほしい。

【例文】「御中」と「様」の使い分け方

1分でわかる「御中・様」の使い分け方!「行→御中・様」書き換える方法を画像で解説 3番目の画像

 「御中」と「様」。2つの敬称の使い分け方について詳しく解説していきたい。

 「御中」の意味・使い方

 「御中」は、会社・組織・団体など、グループを対象に使う敬称だ。社外へのメールや文書の宛名に用いることが多い。

 例えば「ABC株式会社 御中」、「ABC株式会社営業部 御中」といった形で使う。

 また、部署名・課名を書く場合、「御中」は課名の最後につける。 

【例】「御中」の使い方

  • (誤)ABC株式会社 営業部御中 営業一課御中
    →御中を複数回つけることはNG
  • (正)ABC株式会社 営業部営業一課 御中
  • (正)ABC株式会社 御中

 ちなみに、社内のグループを対象にメール・文書を送る際には「各位」を使うことが多い

 社内のグループ相手には「関係者各位」「営業部営業一課各位」などと宛名書きして、メール・文書を送ろう。

【基本編】「様」の意味・使い方

 「様」は、個人を対象に使う敬称。個人宛にメール・文書を出す場合につけるものだ。

 例えば、書類やメールを送付する相手の氏名が「田中花子」ならば、「田中花子様」と記す。

【例】「様」の使い方

  • (誤)ABC株式会社 営業部御中 田中花子様
    →「御中」と「様」は併用NG
  • (正)ABC株式会社 営業部 田中花子様
  • (正)ABC株式会社 田中花子様

 部署名の後に役職を明記することもあるだろう。

 会社・組織・団体名の後に役職名をつける場合、役職名・名前・様の順で記してほしい。

「様」の使い方(部署名の後に“役職”を明記する場合)

  • ABC株式会社営業部 部長 田中花子様

【特定の職種編】「様」の使い方

 あまり送る機会がないかもしれないが、教師や講師などの教育関係者、会計士や弁護士などの士業、議員、作家など、特定の職種の人には「先生」という敬称を使う場合もある

 「先生」を敬称に使う際には、「様」や「殿」と併用して二重敬語にならないように注意してほしい。

担当の宛名には「御中」「様」どちらをつけるべき?

1分でわかる「御中・様」の使い分け方!「行→御中・様」書き換える方法を画像で解説 5番目の画像

 メールや文書を送る際、相手の個人名を知らない場合は「ご担当者」という言葉を用いるだろう。

 「〇〇ご担当」「〇〇ご担当者」には「御中」と「様」、どちらの敬称を使うべきなのだろうか? 

宛名書き「〇〇ご担当者」の場合の敬称は「様」

 「〇〇ご担当者」と宛名書きする場合、敬称は「様」にするのが正しい

 宛名を「ご担当者」にする場合は、「人事ご担当者様」「経理ご担当者様」などと書こう。




返信用封筒の「行→御中・様」の書き換え方法

 相手が用意した返信用封筒を使って、相手に郵便物を出す場合もあるだろう。

 最後に、返信用封筒の宛名マナーについて解説していきたい。

返信用封筒の「行」は「御中or様」に書き換えるのがマナー

 返信用封筒の宛名は「XYZ株式会社 行」のように、「行」という記載があることがほとんどだ。

 しかし、修正もせずに「XYZ株式会社  行」のまま返送することはマナー違反とされている。

 返信する際は「御中」か「様」の敬称に書き換えよう。

返信用封筒の「行→御中・様」の書き換え方法

1分でわかる「御中・様」の使い分け方!「行→御中・様」書き換える方法を画像で解説 6番目の画像

 返信用封筒に書かれた「行(もしくは“宛”)」は、文字に二重線を引き、その下に「御中」「様」と記せば書き換え完了だ。

 返信用封筒を利用する場合も、記載されている宛名に合わせて「様」「御中」を使い分けてほしい。


 郵便物やメールの宛名は、相手が受け取って最初に見るところだ。 

 宛名のマナーが守れていないと、郵便物の中身やメールのやりとりが台無しになってしまうかもしれない。

 誤字脱字に注意するだけでなく、郵便物やメールの宛名マナーにも気をつけよう。

U-NOTEをフォローしておすすめ記事を購読しよう
この記事を報告する