1. 「御中」を正しく使えていますか?ビジネスシーンでの郵便物の宛名のマナー

「御中」を正しく使えていますか?ビジネスシーンでの郵便物の宛名のマナー

by Debarshi Ray
 ビジネスシーンで郵便物を出す時の宛名のマナー、正しく守れていますか?郵便物を出す時の宛名のマナーは、守れていて当たり前と思われがちなものですが、 実際には「御中の使い方が間違っている」といったような、郵便物の宛名のマナーが守れていないケースが多くあります。

  郵便物の宛名のマナーが守れていないと、郵便物を送ってきた相手の印象を下げてしまうものです。基本的なことではありますが、「御中ってどう使うの?」「様はどこにつける?」といった郵便物の宛名のマナーを確認していきましょう。 

「御中」は、会社・組織・団体の後につける

 例えば、「ABC株式会社 御中」、「ABC株式会社営業部 御中」といった形です。また部署名・課名を書く場合、御中は課名の最後に一度付けます。 

(誤)ABC株式会社 営業部御中 営業一課御中・・・御中を複数回つけることはNGです。
(正)ABC株式会社 営業部営業一課 御中
 

「様」は、個人宛に郵便を出す場合につける

 例えば、相手の氏名が田中花子さんならば、「田中花子様」とつけます。似た表現に「殿」がありますが、目上の方が目下の方に使う言葉と一般的にとらえられていますので、 ビジネスシーンでは避けた方が無難です。 

会社に所属する個人には「様」の敬称をつける

 会社・組織・団体名の後に御中をつけている例は日常良く見られますが、二重の敬称は誤りです。

(誤)ABC株式会社営業部御中 田中花子様 ・・・御中をつけている点が誤りです。
(正)ABC株式会社営業部 田中花子様

 さらに、会社・組織・団体名の後に、役職者である個人に郵便を出す場合は、次のように書きます。「ABC株式会社営業部 部長 田中花子様」といった形です。 
  

4.相手が用意した返信用封筒で、郵送物を出す場合

 相手が用意した返信用封筒を使って、相手に郵便物を出す場合もあるでしょう。その場合、相手の返信用封筒には「XYZ株式会社 行」といったように、あらかじめ「行」が記載されています。 これを何の修正もせずにそのまま返送することはNGです。 「行」の文字に二重線を引き、「御中」と記載しましょう。 
 
 なお、相手の返信用封筒の記載が「XYZ株式会社 山田行」といったように、個人の氏名が記載されている場合は、「行」の文字に二重線を引き、「様」と記載します。 



 いかがでしょうか?郵便物の宛名は、相手が郵便物を受け取って最初に見る場所です。 この宛名のマナーが守れていないと、郵便物の中身がいかに優れたものであっても、あなたの印象は悪くなります。 誤字脱字に注意し、郵便物の宛名を書く場合のマナーをしっかり守りましょう。

U-NOTEをフォローしておすすめ記事を購読しよう
この記事を報告する