1. 企画内容を伝えやすくするために知っておきたいプレゼン原稿の作り方

企画内容を伝えやすくするために知っておきたいプレゼン原稿の作り方


 プレゼンというのは、自分の発見した事実や意見、あるいは商品などについて口頭や機器を用いて説明し、説得することで、相手にメリットなどをしっかりと伝えることが重要となります。そのことを踏まえて企画原稿も作成しなければなりません。今後の社会人としてプレゼンは必要不可欠なものとなります。

一般的な流れを意識する 

 では、どのように企画原稿を作成するのかということがここではポイントになります。初めての場合は特に何から手をつけていいのかわかりません。そんなときは基本に忠実に企画を作成するのが一番です。一般的な流れというものがありますので、その流れを意識しながら何が必要か考えることが大切です。

 その前にプレゼンは重要であるという認識を持つことが必要です。重要な資料となるので、相手に見やすい、あるいは分かり易いものを作成する必要があります。では企画する原稿を考えますが、基本的な構成は次のとおりになります。

内容が分かるタイトルを付ける 

 まずは表紙(タイトル)の作成です。内容が良く分かるタイトルを付けることがきわめて重要です。そして次は背景・目的です。なぜこのプレゼンを企画するに至ったのかについて説明を行ないます。ここでははっきりと述べることが必要です。そして実験や研究についてです。実験方法や研究方法などを説明します。ここでは簡潔に説明することに注意しましょう。ここも大切なところではありますは、そんなに時間をかけるべきではありません。

考察は簡潔にはっきり述べる

 そして考察です。実験や研究の結果から言えることを明確にしなければなりません。次に結論を述べます。ここが重要なところですが、あまり話しが長くなると要点が伝わりにくい場合がありますので、簡潔にはっきりと述べるようにする必要があります。活字で見るとわかりにくいかもしれませんが、プレゼンのテーマをしっかりと発表することです。

1つの文章で1つのことを述べる

 そして発表で述べる文章は、複雑な文章構造を持たせず、文章の一つ一つが明確な意味を持つように単文で構成します。一つの文章で言いたいことは、原則一つです。事実と意見も明確に分けて述べましょう。そして結論も明確に述べることです。結論一つの項目は、単文一つで述べます。そして項目は多くても三つくらいまでに収めます。言い訳や理由を結論に含めてはいけません。最後に原稿を作成するのは、読み上げるためではありません。発表する内容を整理することが目的です。長い文章を書かないように注意すること、そして出来るだけ明確な表現を用いて、曖昧な表現を避けるようすることが大切です。

U-NOTEをフォローしておすすめ記事を購読しよう
この記事を報告する