1. 聴衆の共感を得られる!英語でプレゼンする際のテーマの決め方

聴衆の共感を得られる!英語でプレゼンする際のテーマの決め方


 英語でのプレゼンは、ビジネスシーンでもする機会が多いと思われます。しかし、英語でプレゼンを行う場合には一体どのようなテーマを決めることがよいのでしょうか。英語でプレゼンテーションすることにおいて、英語特有のテーマについてお話していきます。

英語でプレゼンする際のテーマの決め方 

 英語でプレゼンテ―ションを行う場合には、まずテーマが重要になります。テーマとは題目のことですが、このような場合、外国人の興味を引くようなテーマが相応しいと考えられます。例えば、日本独自の文化や日本のことです。とりわけ日本の文化は富士山や和食など、世界遺産としても登録されたばかりで、有名なものは多数あります。それらをテーマにしてお話ししていくということもよいでしょう。あるいは、全人類に共通するような話題を選ぶと、海外の人にも分かってもらえるでしょう。
 
 例を挙げると、環境汚染や地球温暖化の問題などがあります。このような地球的な規模の課題は、誰もが興味を示す為、テーマとして挙げてみると相手も入り込みやすいでしょう。また、テーマに取り上げ、みんなで考えていくことによりそれが地球のためにもなります。テーマ選びでは、相手が不快に思うような内容は選んではなりません。そのような話題を選んだ場合、聴衆の共感は得られないでしょう。

英語のプレゼン方法 

 プレゼンをするには、冒頭の部分が大変重要になります。例えば、冒頭には相手の笑いを取るようなネタを最初に持ってくることなども良いです。そうすることで、場の空気を和ませることができ、周囲の雰囲気を馴染ませることができるからです。特に、相手は外国人であることが多い英語でのプレゼンですが、英語でスピーチするプレゼンテーションは日本語で話すプレゼンテーションとは違い、緊張しぎみになります。
 
 自分の緊張を解くためにも、スピーチでのプレゼンテ―ションは重要になってきます。更に、英語でのプレゼンテーションでは、ジェスチャーなども加えながら話すとより効率的に感情的に話を相手に伝えることができるようになるでしょう。プレゼンを成功に導くための秘訣は聴衆に対し、どれだけ身近に接してにお話ができるかということです。そのためにも、テーマは誰にでも分かりやすいテーマや誰もが共感できるようなテーマを加え、話していくということが大切になります。海外の人とより親しみが持てるようになるためにも、テーマを選ぶということが極めて重要な部分になってきます。

U-NOTEをフォローしておすすめ記事を購読しよう
この記事を報告する