1. ビジネスシーンでの食事で無言にならないために気をつけたいマナー

ビジネスシーンでの食事で無言にならないために気をつけたいマナー

by karitsu
 皆様の中にはビジネスシーンで食事を行う場合があるかと思います。もし参加されたことがある方々がいらっしゃいましたら、一度は経験されたことがあることが無言になってしまうことです。少しの間はある話題で盛り上がっていたにも拘らず、話す話題がなくなるとお互いに無言になってしまうことはよくあります。 

 会食ではマナーとして無言は避けておきたいところです。そこで、このような食事の際に無言にならないためにも気をつけたいマナーについて記述します。

ビジネスの話ばかりをしない

 食事会で一番やってしまいがちな行動が、ビジネスの話ばかりするパターンです。ビジネスシーンですので仕事の話をされるのはごもっともですが、長時間話していると相手も滅入ってきます。そのため話が終了しますと疲れきってしまい無言になってしまうのです。 

 そこで例えビジネスシーンであっても、世間話の1つもするようにしましょう。ジャンルは特に問いません。例えば互いに趣味の話をお酒を飲みながらしてみたり、または男性や女性同士でしか話せないような会話等、何でも構いません。相手を疲れさせてしまったり退屈にさせてしまうのはマナー違反でありますので注意いたしましょう。
 
 また、急にビジネスの話しから入るのは止めた方が良いでしょう。例えば世間話の最中に相手がこう言うことを求めているんだなと言う所まで話を進めていき、相手がそう言えばという風に仕向けていくのが一番良いパターンです。そこまで進めていくには相当な練習が必要になってきますが、必ず覚えておくようにしましょう。

話題を事前に何種類も用意しておく

 お互いに無言になってしまう原因の1つが、数個しか話題を用意していないことです。そのため何回か話していると話題がなくなってしまい、結果として無言になってしまうのです。 

 無言を避けるには、話題を事前に何種類も用意しておく必要性が出てきます。そこでお勧めなのが、年代別に興味を持ちそうな話題を用意しておくことです。例えば20代の方々はこのような話題、30代から40代の方々はこの話題、50代以上の方にはこの話題と言うように準備しておくと何かと便利です。急にあちらから話しかけられても、この人は50代の方だなと思えばこの話題を中に入れていこうと考えるようになります。
 
 ただし、準備していても予定していた通りに物事が進むとは限りません。そのため話題の引き出しを何種類も用意しておくことで予定しなかったことまで避けることができますので必ずインターネットや新聞等で事前に確認するようにしてきましょう。



 最後に、例えビジネスシーンの食事であっても無言になってしまいますと、相手に失礼ですしマナー違反でもあります。そのためにも上記のように話題を多く所持していたり、ビジネスの話ばかりしないように心がけて参加していくようにしましょう。

U-NOTEをフォローしておすすめ記事を購読しよう
この記事を報告する