1. ビジネスシーンで催される食事会でマナーとして注意したいこと

ビジネスシーンで催される食事会でマナーとして注意したいこと

by norio_nomura
 ビジネスシーンにおいて、仕事関係者、取引先などと食事をすることは多いと思います。食べるという本能的な部分で、自分の気づかないうちに、気の緩みや普段の癖などから、マナーに反した行動につながってしまう可能性もあります。 
 食事の仕方は、その人の人となりが出ると言っても過言ではないでしょう。ビジネスマンとして、食事をする際も、相手への気遣いには常に心がけている必要があります。これから、ビジネスの食事会でマナーとして注意したいことを、いくつか取り上げたいと思います。 

周囲に気を遣った食事マナー

 食事中に、音を出して食べたり、飲んだりしている人は、自分の食べ方に敏感にならなければなりません。音は時に人に不愉快な気持ちにさせます。最善の注意を払うべき行為です。また、食器等を雑に扱うことで、音が大きくなります。こちらも丁寧に慎重に扱うことを心がけましょう。 

 そのほかには、食べかけのものなど、また皿に戻すようなことはしないようにして下さい。たとえタブーだと言われる行為が、自分の癖だったとしても、ビジネスマンとして、様々なことを客観的な知識として知っておく必要性があります。世間で、これは嫌がられる行為だとわかっていれば、自然と失礼のない作法になるでしょう。

食事中の会話のマナー

 食事中の会話で注意しなければならないことは、口に食べ物を入れたまま話すことはです。そのような品のない行為は、相手を不愉快にさせるでしょう。もしかすると、食事中に大事な商談が成立する可能性もあるかもしれません。 

 口に食べ物を入れながら話をしたり、食べ物を頻繁に落としたりするなど、無作法な行為は、相手からすると信用問題に関わってくるようなことでしょう。食べるときは食べ、話すときは話すといったように、きちんと食事と会話のメリハリをつけて、相手と良い交流がはぐくめる食事会にして下さい。

その他に気を付けたいこと

 その他の食事中のタブーとして、ひじをついて食事をすることも、相手に対して大変失礼な態度と見受けられますので、なるべく動作振る舞いにも最善の注意を払いましょう。 

 携帯電話もビジネスマンにとっては必須アイテムですが、食事中に携帯電話をさわる、電話をかけるなどはマナー違反です。事前に用件は済ませ、食事中はマナーモードに切り替えておきましょう。他、食事中の喫煙もマナー違反と言えるでしょう。ビジネスシーンだけではなく、一般的にも常識としてもあたり前のマナーだと考えます。
 


 いかがでしたでしょうか?ビジネスマンとして、人として、自分にも相手にとっても心地よい食事会であるように、それが相手との良い交流や成果につながるように、きちんとしたマナーを身につけて下さい。

U-NOTEをフォローしておすすめ記事を購読しよう
この記事を報告する