1. 転職の面接を受けるときに身だしなみとして気を付けたい靴のマナー

転職の面接を受けるときに身だしなみとして気を付けたい靴のマナー

by tetsukun0105
 転職の際に迷われるポイントとして、スーツの選択とどのようなビジネスシューズを履いていくかだと思います。1つ間違えただけで、面接官からマイナスの評価を受けてしまったり、または面接官からマナー違反だと指摘される場合もございます。 
 
 では転職の面接を受けるときの靴のマナーとしてどのようにしていけば良いのでしょうか。今回、入社3年目以内とそれ以降の方と分けてご説明致します。

新人から入社3年目以内の方々の場合

 新人の場合は一身上の都合や職場が合わなかった等の理由で転職活動を行ったり、入社3年目以内の方々の場合はスキルアップや給与のアップを狙って転職をされると思います。
 
 そのような人が気を付けたいのが、手入れしていない靴で行くことです。新人の場合は靴のメンテナンスの行い方がいまいちな方が多くいらっしゃいます。転職したいと思いましたら、人間性だけでなく見た目も評価ポイントになってきます。そんな所に手入れされていない汚い靴を履いてくることはマナー違反になります。

入社して4年目以上経った方々の場合

 入社して4年目になってきますと、ビジネスシューズにも気を使って手入れを行うようになってきます。しかし、先が尖がっている靴や見た目が異様なまでに派手な靴を履く人がいます。前の職場ではこれで大丈夫だったから問題ないと思いがちですが、転職になりますとそんな常識は一切通用しません。そのため、無難なビジネスシューズを着用されるようにしましょう。
 
 また、この世代では靴に少しはお金をかけるようにしましょう。面接官は靴まではっきりと見ていますのでなるべくであれば数万円するような靴を履いてくるようにはしましょう。
 

 
 最後に、転職の面接を受けるときの靴のマナーとは、年代によって異なってきます。そのためもし皆様が今後転職をしようと考えている場合には上記のことを少しでも覚えていただければ幸いです。

U-NOTEをフォローしておすすめ記事を購読しよう
この記事を報告する