1. 相手に好印象を与える、転職の面接で身に付けるネクタイのマナー

相手に好印象を与える、転職の面接で身に付けるネクタイのマナー

by Takashi(aes256)

 皆様はお仕事をされている時には靴やハンカチ、ネクタイ等の小物には気を使っていると思います。転職の時も同じで、小物に気を使っているかどうかで評価が分かれてしまう時がございます。 
 特に面接官から見てよく確認できるネクタイに関しては、重要な項目となってきます。そこで間違ったネクタイをしていくとマナー違反で相手を不快にさせてしまいます。ではどのようにしていけば好印象を与えるネクタイのマナーになるのでしょうか。

よれよれなネクタイをしてこない

 まず基本的な所から説明をしてきます。まずはネクタイの形状を必ず確認していきましょう。形状と言うのは変な折れ目がついていないか、もしくはアイロンをしっかりかけたかということです。
 
 多少の面倒があるとは思いますが現在ですとほんの数秒で出来るタイプもございますので、必ずネクタイはよれよれでなくアイロンがけされたネクタイを着用してくるようにしましょう。

派手目な色のネクタイはしていかない

 派手目の色と言われてもアバウトで分かりづらいと言う意見があるかと思います。派手目の色と言うのは黄色などの蛍光色や金色のネクタイのことを指します。
 派手な色のネクタイも全てが悪いと言い切れませんが、殆どの場合ですとマイナスの評価を与えてしまいます。そのため、面接では無難な色のネクタイを着用していくようにしましょう。
 


 上記が転職の面接で身に付けるネクタイのマナーについての記事になります。中には基本中の基本がございますが、守られていない方々がいらっしゃいますので必ず守っていただければと思っております。また、相手に好印象を与えるのもマナーの一環ですので、相手に失礼の無いネクタイをしていくようにしましょう。

U-NOTEをフォローしておすすめ記事を購読しよう
この記事を報告する