1. ビジネスシーンにおいてマナー違反となるネクタイの締め方

ビジネスシーンにおいてマナー違反となるネクタイの締め方

by karsten.planz
 夏場以外であれば、必ず皆様はネクタイをビジネスシーンで着用されていると思います。ネクタイの種類から色、そして柄まで皆様の個性が良く出るのがネクタイであります。しかし、そのネクタイにもマナー違反をしている締め方をしている方々がいます。マナー違反の締め方をしているとお客様に対して失礼であります。ではビジネスシーンにおいてマナー違反なネクタイの締め方とはどのようなものがあるのでしょうか。 

結び目が異様に小さい締め方 をする

 結び方にも様々な方法がございますが、どの結び方もある一定の大きさの結び目になっていきます。しかし、そこで一番やってはいけないことが結び目を小さくしてしまうことです。結び目を小さくしてしまうと、ネクタイが異様に長くなってしまったり前後の長さが合わなかったりと不格好になってきます。
 
 そのような結び目に絶対に行わないようにするには必ず練習が必要になってきます。特にネクタイの結びに慣れていない新人の方々はとにかく練習して異様に小さな結び目にならないようにしましょう。ビジネスマンであれば見た目が重要となってきますので必ず覚えるようにしましょう。

ネクタイの長さを調節していない

 長さがうまく合っていないネクタイの締め方をしている方が非常に多いです。ネクタイは基本として左右の長さが一緒になるようにして締めて、どちらもバランスよくなるようにします。
 
 そのため、多少の面倒はあるとは思いますがネクタイの長さを必ず調整するようにしましょう。朝の貴重な時間の中でも2分もあれば長さの調整ぐらいは出来ると思います。もしくは少し早めに起きて綺麗に決まるまで挑戦することもお勧め致します。


 最後になりますが、ビジネスシーンにおいてネクタイの締め方は非常に重要な項目です。締め方1つの間違いで結び目が非常に小さいネクタイになってしまい見栄えが悪くなる、または長さが異なるような結び方になってしまったりする場合がございます。

 そのようなことを避けるためにも日頃の練習と、基本中の基本を守るようにすれば相手を不快にさせないマナーの良いネクタイの締め方になります。そのため少し時間は掛かってしまいますが、ネクタイの締め方には注意しましょう。

U-NOTEをフォローしておすすめ記事を購読しよう
この記事を報告する