1. 覚えておくと一目置かれる、スーツを着るときに履く靴のマナー

覚えておくと一目置かれる、スーツを着るときに履く靴のマナー

 スーツを着用する際には、ビジネスシューズを履くのが普通です。ビジネスシューズには様々な色やデザインのものがありますが、ビジネスシーンに最適なビジネスシューズは限られています。そこで、今回はビジネスシューズを履く際に、最低限抑えておきたいマナーを紹介します。

手入れをきちんとしておく

 ビジネスシューズは、黒や濃い茶色ですが、以外と汚れが目立ちます。汚れているビジネスシューズを履くのはマナー違反ですので、手入れをきっちりする必要があります。手入れはブラシで汚れを落としたり、軽く吹いて上げる程度のものでよいでしょう。手入れについては1足程度であれば、10分もしない内には終了してしまいますし、手入れさえ怠ることがなければ同じ靴を5年以上履き続けることができます。

派手目の靴の着用を避ける

 ビジネスシューズの中には、先がとがっていたり、過度な装飾が施されていたりするものもあります。そのような靴は一般的なビジネスシーンには向かないため履かないのが無難です。

 また、色使いに特徴があるものも避けると無難でしょう。白やシルバーのものもありますが、黒や濃い茶色の物を選びましょう。色に関しては、スーツの色に合わせて、黒でしたら黒系の、グレーでしたら茶系の靴を選ぶとよいでしょう。


 スーツを着るときに履く靴のマナーとして覚えておくことは上記の事が挙げられます。ビジネスマンとして一目を置かれるにもビジネスシューズにも気を使っていかなければなりません。ビジネスマナーとして、良い靴を選択するようにしていきましょう。

U-NOTEをフォローしておすすめ記事を購読しよう
この記事を報告する