1. ビジネスシーンで身に付けるネクタイでマナー違反となる柄

ビジネスシーンで身に付けるネクタイでマナー違反となる柄


by hm7hm7
 皆様の多くがスーツに身を通して仕事場に行ったりお客様の所へ訪問されてたりするかと思います。スーツに身を通す際に必ず着用されているのがネクタイです。ネクタイは主流と言える黒や紺のスーツから目立つ唯一お洒落ができるポイントでもあります。 
 
 しかし、色や柄を間違えると、お客様からの印象が非常に悪くなってしまったり、1つ間違えるとマナー違反にもなります。ではどのような柄物のネクタイがマナー違反となってしまうのか、ここでは紹介したいと思います。

柄が派手、奇抜なネクタイ

 虎の紋章が入っていたり、キャラクターが入っているなど、柄が奇抜であったり、ショッキングピンクなど色が派手すぎるネクタイはしていくと品性を疑われてしまいます。ビジネスにそぐわないような柄や色のネクタイをするのは避けましょう。

スーツとかぶっているもの、冠婚葬祭用のもの

 スーツがストライプ柄なのにもかかわらず、ストライプのネクタイをしてきたり、黒や白で無地のネクタイをするのは、ファッションとしてもおかしいですし、マナーとしてよくありません。
  
 自分の着るスーツに合わせてネクタイを選ぶと同時に、冠婚葬祭用のネクタイはビジネスシーンではしないようにしましょう。


 最後に、ビジネスシーンで身に付けるネクタイでマナー違反となる柄として、上記の柄物のネクタイが挙げられます。こちらが何度も注意してもこだわりを捨てられないと言った方もいらっしゃいますが、その柄物をしていくとお客様から後でお叱りを受けてしまう恐れがございます。そのため、マナーとしては目立たない色や無難なネクタイを選択するのが良いでしょう。

U-NOTEをフォローしておすすめ記事を購読しよう
この記事を報告する