1. 社外の人に交渉メールを送る時に気をつけたい3つのこと

社外の人に交渉メールを送る時に気をつけたい3つのこと

 社外とのやり取りの際には、メールというのはとても便利なツールです。今回は、社外との交渉にメールを使う時に気をつけたいことをご紹介します。

敬語に十分注意する

 会話と違い、メールはそのまま残ってしまいます。ビジネスマナーがなっていないメールを送れば、それは相手のパソコンにずっと残ってしまうのです。そのため、相手と話す時よりもより言葉遣いに気をつけることが必要です。自分が使っている言葉が相手に誤解されないか、不快な思いにさせないか、何度もチェックした上で送信するようにしましょう。

簡潔に短く

 内容はなるべく簡潔に短くすることを心がけましょう。ダラダラと長い文章が書かれていても、相手の頭には入ってきません。いかに相手が理解しやすい文章にするかがメールを送る時には重要になります。

メールにばかり頼らない

 メールは時間も場所も選ばないため、人と連絡をとる手段としては非常に有効です。しかし、だからといってメールばかりに頼ることは控えましょう。大事な提案や交渉についてはメールを使うのではなく、必ず対面するようにしましょう。メールではなかなか伝わらないということもあります。

 時間を合わせにくい社外の人との連絡にメールを使うことは効率的です。だからといってメールにばかり頼るのではなく、上手に活用するようにしてください。

U-NOTEをフォローしておすすめ記事を購読しよう
この記事を報告する