1. ノルマを達成できなかった営業マンがクビになるのを避ける方法

ノルマを達成できなかった営業マンがクビになるのを避ける方法


 未だにノルマが多い営業職。しかし、顧客の奪い合い等が多い営業マンの中には、なかなかノルマが達成できないという事も多いでしょう。その為、営業マンがノルマを達成できずにクビに追い込まれてしまうという事態も珍しくありません。では、営業マンがノルマを達成できなくてもクビにならずに済むには、一体どのような方法があるのでしょうか。ここではその方法を見ていきたいと思います。

会社から必要とされる存在になる 

 まず一番重要なことは、会社から必要とされる存在になることです。そのためにも、接客が丁寧であるとか、何か一つ自分を主張できるような強みを持ち合わせておくといいでしょう。他にも、資料をきちんと提出したり、相手に対して礼儀正しいなど、人間性が大切です。
 
 また、ノルマ数は少なくともお客様に気に入られたり、上司のお気に入りであるということも大切です。何が何でも「上司が手放したくない」と思えるような存在になれば、簡単に手放されることはありません。そのためには、どうすれば自分が相手にとって気に入ってもらえるのかを考えることも重要になります。ノルマでクビにならないためには、要するに「ノルマ以外に強みを持つ」ということが大切になります。

熱心に仕事を行う姿勢を見せる 

 普段から心がけておきたいこととして、仕事は熱心に行うということが挙げられます。熱心に仕事を行っていれば、大抵はその仕事ぶりを見てその人のことを認めてくれます。認めてもらうことができれば、相手も簡単にノルマごときでその人をクビにしようとは思いません。一生懸命頑張った結果、ノルマがとれないのであれば、相手も仕方ないことだと諦めてくれるでしょう。そのためにも、どんな辛いことがあったとしても、一生懸命取り組んでいる姿勢は必要になります。また、何を言われてもくじけない、忍耐強い心も大切です。後はノルマ達成のために、顧客に対して一生懸命振る舞うだけです。

U-NOTEをフォローしておすすめ記事を購読しよう
この記事を報告する