1. 初心者が知っておきたいプレゼンでこっそり原稿を読む方法

初心者が知っておきたいプレゼンでこっそり原稿を読む方法


 プレゼンは前を向いて堂々と行うべきです。聞き手のことをまったく意識せず原稿の読み上げるだけではプレゼントは言えません。とは言っても、プレゼン初心者が初めから全く原稿を見ないでプレゼンするのは難しいでしょう。そこで、観客の印象を損ねずに原稿を見る方法を紹介します。

スライド、話題の切り替えで見る

 話題の転換やスライドの切り替わりの時はある程度の間が生まれます。そこがカンニングのチャンスです。その時に手元を少し覗けばあまり注目されることもないでしょう。とはいってもこれから話す内容を丸暗記するような暇はありません。原稿の確認は次に話すトピックを思い出すために使い、大体の内容はそれだけで思い出せるようにしましょう。

スライドを原稿にする

 基本的にスライドには聞き手に伝えたい必要最低限のことが書いてあります。スライドを確認しながらプレゼンをすることで筋道の通ったプレゼンをすることができます。発表する順番に箇条書きにまとめたり、忘れやすい個所に色を付けておけばスライドが原稿の代わりになってくれます。しかし、スライドはあくまで観客に「見せるもの」で自分が「読むもの」ではないということを忘れずに。


 もちろん最終的には全く原稿を使わないのが理想です。本番を想定して何度も練習を行っておけば、スライドに書いてある言葉を元にしてスムーズに発表をすることができるでしょう。ここで紹介した手段はあくまで補助として必要最低限だけ使うようにしましょう。

U-NOTEをフォローしておすすめ記事を購読しよう
この記事を報告する