1. 転職の面接時に名前を言うタイミングと名乗り方のマナー

転職の面接時に名前を言うタイミングと名乗り方のマナー

by williamcho

名前を言うタイミング

 ドアを閉めたら、その場で名前を名乗る人がいますが、それはマナー的には間違いです。ドアを閉める時に名乗るのではなく、椅子の前まで来た時にまず立ったままの状態で名前を言いましょう。この時ですが、言っている間は相手の顔をしっかりと見て、行った後はしっかりとお辞儀をすることがポイントとなります。

誠意のこもった名乗り方

 名乗る時ですが、今所属している会社名は言わなくても構いません。「〇〇と申します。本日はよろしくお願いします。」という挨拶をしましょう。この時に名乗る名前ですが、フルネームで伝えるのがマナーです。しっかりと自分の名前が相手に伝わるようはっきりと、大きな声で話しましょう。

 また、転職面接の場合ですと、その場で名刺交換が行われる場合があります。その場合は、名刺交換の際にもう一度名乗る必要はないでしょう。


 ここでは。転職面接時のマナーとして、名前を言うタイミングと、名乗り方を紹介しました。自己紹介でマナーがなっていないと評価も低くなってしまいますので、是非参考にしてみてください。

U-NOTEをフォローしておすすめ記事を購読しよう
この記事を報告する