1. 【ビジネスマナー】「もしもし」の代わりに電話応対で使いたい言葉

【ビジネスマナー】「もしもし」の代わりに電話応対で使いたい言葉

by Furryscaly

「もしもし」はビジネスシーンでは用いない

 電話に出る時、かける時に一般的な挨拶の「もしもし」ですが、ビジネスシーンでは用いないのがマナーとなっています。もしもしはもともと若者言葉であったと言われており、名残として、未だにマナー上利用すると無礼に当たるそうです。

「もしもし」を使わない挨拶

「はい、株式会社〇〇です」

 「もしもし」の代わりに「はい」というのが無難な挨拶の仕方の1つと言えます。「はい」はどのようなシーンでも利用できますので、覚えておきましょう。

「お世話になっています。株式会社〇〇です。」

 これは、常日頃から取引を行っている企業や、昔からの付き合いがある場合に言う挨拶です。はじめて電話をかけるときなどは用いると不自然な感じを受けてしまうのでやめましょう。

「お疲れ様です。株式会社〇〇です。」

 これは、社内の関係者に電話する時の挨拶です。社外から社内に電話する時などに用いましょう。


 ここでは、「もしもし」の代わりに電話応対で使いたい言葉を紹介しました。もしもしを使わないためにも、ここで紹介した挨拶を積極的に使うようにしましょう。

U-NOTEをフォローしておすすめ記事を購読しよう
この記事を報告する