1. 添付ファイルのあるメールを送るときのマナーに沿った例文

添付ファイルのあるメールを送るときのマナーに沿った例文

添付ファイルのあるメールを送るときのマナーに沿った例文 1番目の画像

  ビジネスメールのやり取りでは、添付ファイルのあるメールを送る機会もあるだろう。

 本記事では、ビジネスメールで添付ファイルを送る際のメール例文や、添付ファイルのあるメールを送るときに気をつけるべきポイントを解説する。

 例文とポイントを確認し、ビジネスメールにおけるマナーを押さえよう。

ビジネスメールで添付ファイルを送る際のメール例文

添付ファイルのあるメールを送るときのマナーに沿った例文 2番目の画像

添付ファイルを送る際のメール例文

〇〇株式会社  営業部部長〇〇様 
 
平素は格別のお引き立てを賜り厚く御礼申し上げます。
ご依頼をいただきました○○に関する資料を添付ファイル(.pdf形式)にてお送りします。
ご査収よろしくお願い申し上げます。
 
=======================================
送付内容:   ○○に関する資料(全〇ページ)
=======================================
 
何かご不明な点がございましたら、お手数ではございますが、
お問い合わせ下さいますようお願い申し上げます。
今後ともよろしくお願い申し上げます。

ビジネスメールで添付ファイルを送る際に気をつけるポイント

添付ファイルのあるメールを送るときのマナーに沿った例文 3番目の画像

添付ファイルを送る際に気をつける点:送付内容を本文に書く

送付した添付ファイルは、受け取った相手にしてみれば「何のデータなのか」がわからない。

 そのため、メールの本文には「添付したデータが何であるか」が受け取った相手にわかるように記載する必要がある。

 資料の送付漏れ・送付忘れをチェックするという意味でも、送付内容を本文に記載するという癖をつけておくといいだろう。

添付ファイルを送る際に気をつける点:内容への質問先を用意する

 メールを送信した人が添付したファイルに関する質問の窓口であるとは限らない。

 そのため、添付ファイルを送る際は、メールの本文に「添付資料に関する問い合わせ先」を記載することを心がけよう。

 もし送信元・担当者が自分である場合は、「添付したファイルに関する質問は本メールに返信いただけますと幸いです」など、自分が問い合わせ先であることを明記するといいだろう。

 「どこに質問すればいいのか」という点をはっきりさせておくと、添付ファイルのメールを受け取った相手も気兼ねなく問い合わせすることができるはずだ。


 本記事では、ビジネスメールで添付ファイルを送る際の例文、また添付ファイルを送る際に押さえておきたいポイントについて解説した。

 添付ファイルの有無に限らず、ビジネスメールでは「受け取った相手にメールの意図が明確に伝わるかどうか」という点が重要になる。

 ビジネスシーンでメールを送る際は、一度「自分が送るメールの受け取り手」の立場になって文章を再読し、丁寧な説明ができているかを確認するといいだろう。

キャリアアップ特集

・【海外勤務】挑戦するなら、今しかない
「海外で活躍するチャンス」がここにある。あなたの経歴や志向から、ぴったりの海外勤務求人をご提案。(ビズリーチ)

・正直、大手に行きたい
「定年までこの職場で働くのか…」給与、仕事内容、将来性、労働条件etc... 不満はあるけど諦めていた方にもぴったりの求人をお届けします。(ビズリーチ)

Sponsored by 株式会社ビズリーチ

U-NOTEをフォローしておすすめ記事を購読しよう
この記事を報告する