1. プレゼンで気をつけたい背景を話すときの流れ

プレゼンで気をつけたい背景を話すときの流れ


 プレゼンをするためには、効果的に話を進めていく必要があります。話の展開としてはいくつかの流れがあります。その中の一つに背景の説明を始めるパターンがあります。今回は背景を説明すると気に気を付けるべき点を紹介します。

誰もが納得できなければいけない

 背景を説明するには、そのテーマをプレゼンするに至った動機、問題意識、過去の経験などを流れに沿って話しをする必要があります。その内容については誰もが納得できるようにする必要がありますし、問題提起しても共有できそうにもないこと、そして勝手な思い込みのないようにすることが必要です。そのためには日ごろから問題意識の裏づけをするための情報を収集することも必要です。そして背景で気をつけることは話が長くならないことです。一般的には短くするように心がける必要があります。

背景はあくまで伏線

 注意すべきは、背景は始まりであるということです。背景を話した後には、目的へと話をつなげればなりません。すべてはこの目的を明らかにするための伏線でもあるのです。背景から目的までスムーズに話しを展開することが必要不可欠です。

 そのためには、背景から話をひっぱっていく必要があります。ここで気になるのは時間との兼ね合いです。プレゼンには持ち時間がありますので、話ができることには限りがあります。時間が長ければ背景を長く使用して、後半戦で驚かすことも効果的です。しかし、短ければ言いたいことがいえずに時間切れとなることになりかねません。最後まで聞いたけど、言いたいことがわからない、あるいは最後まで聞かないとわからないというのは、発表内容によっての向き不向きがあるということも念頭に入れておく必要があります。


 いろいろと考えるべきことはありますが、最後に資料作成を終えたら必ず練習をすることをお勧めします。出来た資料に満足していざ本番に臨んでみても、発表の場でうまく発言できないことは良くあります。上手にできる人は人知れず練習と努力を重ねています。前日に少しやるという程度では意味がありません。練習では声を出して、十分に練習を重ねることで当日、緊張を少なくする効果もあるのです。特には演技を見せることも効果的です。

U-NOTEをフォローしておすすめ記事を購読しよう
この記事を報告する