1. 5分でプレゼンするためにまとめるべき文字数は?

5分でプレゼンするためにまとめるべき文字数は?


 プレゼンでは、相手にいかに自分が訴えたいことを伝えるのかということが一番重要になってきます。しかし、たった5分で相手に自分が訴えたいことを伝えなければならないとき、どれぐらいでうまくこの短い時間で伝えられるかわかないということもあるでしょう。そこで、5分でうまくまとめるために、最適な文字数を知ることによって、できる限り時間を余すことなく自分が伝えることがうまくいえるかどうかをアドバイスします。

1分で人が喋れる文字数とは

 まず、はじめに話を構成をする前に限られた時間でどれだけの文字数を話すことができるか。ということを知っておく必要があります。人が一分間で大体しゃべれる文字数は、アナウンサーで大体250~~300字だと言われています。
300字以上になってくると、聞き手が早口と感じてしまいやすくなるようなので注意してください。

 一般的な人だとアナウンサーよりもう少し少なくなるのでしょうが、大体5分間のプレゼンであることを目安にすると大体1000~~1400字あたりが目安となります。それぐらいをもとに原稿を作成してみましょう。しかし、いざプレゼンの時になると緊張して早口になったり、個人差によって5分で言える文字数は変わってきます。

実際にプレゼンの練習をしよう

 どのプレゼンでも一緒ですが、本番前にプレゼンの練習を何度もしてみましょう。実際にどれぐらいの時間で内容全部を話せたのか、口調は早くなかったのかを時間を計ったり、録音をしたりしてチェックすることが必要です。

 先ほどの目安の文字数よりも多くしゃべれそうなら、より中身を増すかゆっくり話して相手に伝わるようにしてみることを考えましょう。時間が足りないのであれば、内容をさらに削るか練習により相手がしっかりと聞き取れる範囲の速さで、早くしゃべれるようにしましょう。何度も練習することによって、どれぐらいの感覚で話せばよいのかをわかるようになります。

 また、他人に聞いてもらって聞いてもらった人がどのように感じたのかということのアドバイスをもらえばより本番に近い形での練習にもなりますし、
よりプレゼンのやり方がよくなるでしょう。

 もちろん、5分という限られた時間内でいかに中身のあるプレゼンをできるように内容も精査しましょう。上記で書いたような目安ややり方を参考にしながらあなたが最適な文字数で、より自己の主張が通るようなプレゼンの発表を目指してください。

U-NOTEをフォローしておすすめ記事を購読しよう
この記事を報告する