1. プレゼンで企画をスッキリまとめる方法

プレゼンで企画をスッキリまとめる方法


 プレゼンで企画を上手くまとめる方法として、一番にわかりやすさを重視することが大切です。どうすれば聴き手に企画内容をわかりやすく伝えることができるのかを念頭において、まとめていくことが重要なポイントです。

 企画テーマとその方向性をしっかり抑えることが大前提です。順序よく簡潔に聴き手を導いていくことにより、聴き手を説得、納得させることができるでしょう。これから、いくつか重要なポイントをお伝えしていきたいと思います。

プレゼンの道先案内人になる

 まとめるポイントは、初めから終わりまで順序よく、テーマに沿ってわかりやすく組み立てていくことです。伝えたい企画の組み立てを怠ると、全てが大まかになり、何が要点なのか、何が結論なのかがわかりにくいものになってしまいます。意識せずにそうすることにより、話し手側も、まるで道先案内人になったように、要点をまとめて順序よく話すことができるでしょう。

 企画をまとめるにあたり、テーマ、結論、目的を抑えれば内容を上手くまとめることができます。どのプレゼンでも同じことが言えるでしょう。“何についてか?(テーマ)”“何を伝えるのか?(結論)”、“それは何のためなのか?(目的)”ということをしっかり自分で把握することで、聴き手によりわかりやすいプレゼンになるでしょう。伝えるべき要点も自然と見えてくるはずです。伝えたい聴き手側の立場になってわかりやすい内容を伝えられるよう心がけて下さい。

とにかくシンプルに

 「企画を上手くまとめる」=「シンプルにするという」という考え方にすることで、だらだらと長い説明もいらなくなります。長い説明で詳しく伝えるより、むしろ、簡潔にシンプルにインパクトを与える伝え方をした方が、聴き手の心には一番響くのではないでしょうか?

 シンプルにするということは、聴き手にとって知りたい、聞きたいだろうと思うことを前提に考えることです。主観を入れることにより、企画上手くまとめることが困難になってしまうからです。客観的に考えることにより、聴き手が単純に知りたい、聞きたいであろう内容を理解することができるはずです。もし自分が聴き手側だとしたら、きっと簡潔でわかりやすい方が良いのではないでしょうか?


 以上を心がけて、プレゼンで企画を上手くまとめられるようになっていただきたいと思います。

U-NOTEをフォローしておすすめ記事を購読しよう
この記事を報告する