1. 仕事の関係者が行う冠婚葬祭でのお金のマナー

仕事の関係者が行う冠婚葬祭でのお金のマナー

葬式・通夜でのお金のマナー

香典の金額

 香典の金額ですが、3000円から10000円程度で、その人との関係性を考慮して決めるようにしましょう。一般的には、自分の年齢が高い場合や上司の葬儀だった場合は金額を高くするそうです。金額があまりにも高いと、かえって相手に対して失礼であるそうですので、注意しましょう。

結婚式でのお金のマナー

ご祝儀の金額

 ご祝儀の金額は、3万円から5万円の間がいいでしょう。あまりに安い金額を出してしまうと、結婚式に出席したくなかったのではないかと思われてしまいますし、高すぎると、お返しの際に負担になってしまいます。

 また、自分の結婚式でご祝儀をもらった場合は、その金額と同額か、それよりも多い金額をご祝儀に包むのがマナーとなっています。



 ここでは、会社の関係者の冠婚葬祭の時に必要なお金のマナーを紹介しました。金額は程よい額にすることがマナーとして求められますので、ここで紹介したことを参考にして、良い関係性を保ちましょう。

U-NOTEをフォローしておすすめ記事を購読しよう
この記事を報告する